スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
風の影
★★★☆☆byおたむ
 
・・・・読書は個人的な儀式だ、鏡を見るのと同じで、僕らが本の中に見つけるのは、既に僕らの内部にあるものでしかない、本を読むとき、人は自己の精神と魂を全開にする・・・・ベアの言葉より
 
kazenokage1.jpg kazenokage2.jpg

『風の影』byカルロス・ルイス サフォン(木村裕美訳)
 
1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。
 
スポンサーサイト
11/09 23:26 | BOOOKS! | CM:1 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。