スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
新日本フィル定期公演『死の秘密』
本日のメニューは、
☆クルターク作曲 石碑op.33(1994)
☆ベルク作曲 ヴァイオリン協奏曲
☆武満徹作曲 映画『黒い雨』より弦楽オーケストラのための死と再生
☆マーラー作曲 交響曲第10番嬰ヘ長調「アダージョ」
と、バラエティ豊か。

テーマが『死』と言うことで、なんだかオドロオドロしいメロディーラインが次々に現れて(・ω・;)
ミステリ?サスペンス?それともホラー??な、なかなか興味深い選曲(・ω・;)
 
ベルク作曲のヴァイオリン協奏曲『ある天使の思い出のために』で、ソロパートを演奏したのはイザベル・ファウストさん。
08110301.jpg
黒のパンツ&トップスに赤いロングコートを羽織り登場した彼女。
知的で洗練された存在感に釘付けww
彼女は、L・モーツアルト国際(1987)、パガニーニ国際(1993)各コンクール優勝と言う経歴を持ち、今最も注目される若手ヴァイオリニストの一人なんだとか。
情熱的な演奏スタイルでオケに挑む感じが格好イイッ(ノ≧ω≦)ノアンコールに応えて独奏してくれた、バッハの『無伴奏パルティータ第2番よりサラバンド』も凄い良かった~
 
指揮は2006年から新日本フィルの音楽監督を務めているクリスティアン・アルミンク。
若い彼だからこそなのか、色々模索してる感じだなぁ。エネルギッシュだわ。
 
スポンサーサイト
11/03 23:55 | SHOOOOOW! | CM:0 | TB:0
20081103173643


うかうかしてたら

もうこんな季節なんだね(・ω・;)

早ッ・・・
11/03 17:36 | etc | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。