スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
スパニッシュ・アパートメント
★★★★★byおたむ

こんな青春て素敵じゃない?

laubergeespanole01.jpg

原題☆L' AUBERGE ESPAGNOLE/THE SPANISH APARTMENT
製作☆2002年☆フランス/スペイン
監督☆セドリック・クラピッシュ
出演☆ロマン・デュリス☆ジュディット・ゴドレーシュ☆オドレイ・トトゥ☆セシル・ドゥ・フランス☆ケリー・ライリー☆クリスティーナ・ブロンド☆ケヴィン・ビショップ☆クリスチャン・パグ☆フレデリコ・ダンナ☆グザヴィエ・ドゥ・ギュボン☆バーナビー・メッチェラート☆ウラディミール・ヨルダノフ
物語☆パリに住む25歳の青年グザヴィエ(ロマン・デュリス)は恋人のマルティーヌ(オドレイ・トトゥ)を残し、バルセロナへ単身留学。彼は国籍も性別もそれぞれ違う5人の学生たちが暮らすアパートでルームシェアをすることになる。

セドリック・クラピッシュ&ロマン・デュリス繋がりで。再鑑賞の本作だけどまたまたディープに楽しめた(*´ω`*)なんて魅力的な青春映画なんだ。やっぱ“青春”なんてものは弾けて輝いたもの勝ちだと思う!!

留学先のアパートが5人のルームシェア、しかも全員国籍違うってwwもうその環境だけで面白くない訳がない!
新入りが加わると言っては全員集合して面接、大家に立ち退きを迫られたと言っては全員集合、飲みに行こーぜと全員集合・・・ああ、青春ていいものね。鵜呑みにする訳ではないが、国籍の違いからそのお国柄が誇張されて、各キャラクターの個性と相まって描き出されているところが面白い。登場人物が多いと人物描写が雑然としがちだが、本作では各キャラクターがきちんと独立して主張しているのはグッジョブ(σ`・ω・)σじゃれ合ったりケンカしたり、小さなことで頭を抱え込む彼らがキラキラに輝いて映る。

ちょと軟弱めな印象の主人公グザヴィエくんだが、スペインでの留学生活は思いの外性に合っていたらしく、まさに青春を謳歌しているご様子。パリから旅立つ時は、恋人と別れるのが辛くて泣いてたのに、個性的な仲間達に囲まれるうちに彼の意識に変化が現れる。そんな彼の内なる成長の過程が良く伝わって来る。
ゲイ(レズ)だと分かった女友達とこんな風にじゃれ合うのって素敵じゃない??
laubergeespagnole0902052.jpg

ルームメイトの一人ウェンディの遠距離ダーリンがサプライズで来たときに、彼女の浮気がバレるのを阻止しようと全員で奮闘するエピソードは笑えた。
ウェンディの弟がゲイに扮して一件落着ってwウケるーww

グザヴィエ演じるロマン・デュリス。
laubergeespagnole090205.jpg
こんな野暮ったい若造が(役だけど)

『PARIS』ではこんなナイスガイに(*≧ω≦*)
paris090405.jpg

カメラワークや映像処理が凝ってて、POPな雰囲気を高めているのもいい感じ。あと、音楽も素敵!!
最後のドラマチックな展開も、嫌味なく納得できちゃうのは、そう言う視覚&聴覚的効果が効いてるからかも。

コレ系の青春モノってキュンてなるよねー。もう戻れないから美化してしまう部分もあるのかな。。。
時間の逆戻りは無理でも、気持ちだけは、青春☆気分で突き進みたいものダ。
スポンサーサイト
02/05 23:38 | MOOOVIES | CM:0 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/1002-4a8f7d62
* トラックバック *
スパニッシュ・アパートメント
 『ひとつのアパートに七つの国の青春』  5/20公開になる「ロシアン・ドールズ」の予告を観て面白そうだねぇ~って感じで気になったので、公開前に前作のコチラ「スパニッシュ・アパートメント」を観てみましたぁ~♪映画の中にも出てくるのですが、原題の”L’auberge...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。