スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
メルシィ!人生
★★★☆☆byおたむ

ダニエル・オートゥイユがががぁ~まるで別人(^ω^;)

leplacard090204.jpg

原題☆LE PLACARD/THE CLOSET
製作☆2000年☆フランス
監督☆フランシス・ヴェベール
出演☆ダニエル・オートゥイユ☆ジェラール・ドパルデュー☆ティエリー・レルミット☆ミシェル・ラロック☆ミシェル・オーモン☆ジャン・ロシュフォール☆アレクサンドラ・ヴァンダヌート☆スタニスラス・クルヴィレン
 
物語☆コンドーム会社に勤めるいたってまじめなだけが取り柄の冴えない中年男性ピニョン氏。妻子にも見捨てられた彼に追い討ちをかけるように、20年勤めた会社からクビになることを聞かされる。思いあまって身投げをしようとしたところを隣の部屋の老人に助けられる。事情を聞いた老人はクビにならない方法をピニョン氏に伝授する。翌日、会社宛に男と情熱的に抱き合うピニョン氏の写真が送られてくる。これを見た経営陣はゲイ差別との糾弾を怖れてピニョン氏の解雇を撤回する。ピニョン氏の思惑は見事に成功したわけだが、当然周囲の見る目はすっかり変わり……。

うそでしょー(^ω^;)(^ω^;)
あの『あるいは裏切りと言う名の犬』でバリバリにハードボイルドで超格好良かったダニエル・オートゥイユが・・・・卯建の上がらないリストラ族だなんて(゜ω゜)
0902162.jpg
これでいいのかダニエル・オートゥイユ(^ω^;)
0902161.jpg
本当にこれでいいのかダニエル・オートゥイユ(^ω^;)
彼のこんな姿に遭遇してしまうなんて。・・・・・・結構ショックだった。

ピニョン氏が久しぶりに元妻に会ってしばらく話すうちに、急に弾けたように「君が嫌な女だと分かって嬉しいよ」と言い放つシーンは気分爽快♪♪
重荷を背負って雁字搦めになっているのは自分の思い込みで、違う角度から人生を見つめてみたら、重荷だと思っていたことが案外どーにでもなることだったりして。人生を楽しむ方法は一つじゃないものね。
ああ。こういうの好きだな(*´ω`*)
『バグダッドカフェ』のブレンダのように、『私の秘密の花』のレオのように、トンネルを抜けて目の前が突然明るくなるような瞬間が、神々しいくらいに眩しいの。
きっとおたむも、こういう瞬間を探して生きているんだわぁーとか思ってみたり。

本作は主人公を中年オジサンに設定したところが面白い。彼はサラリーマンなので、彼を取り巻く周りのキャラクター達も、もちろんオジサン率が高い。オジサンが続々登場してくるストーリーなのに、面白可笑しく、そして可愛い雰囲気を醸し出しているのが不思議。
フランスのコメディ映画だからもっと毒々しいかと思ってたけれど、意外にあっさりしてて仄々観てられた。観た後イイ気分になれる映画っていいよね~(≧ω≦)
監督とダニエル・オートゥイユにMercibeaucoup!!
 
スポンサーサイト
02/16 23:27 | MOOOVIES | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/1019-71d5cc90
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。