スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
カルメン
090304_185353.jpg

予想を遥かに超える
衝撃と感動w













テンション上がりすぎて壊れそう(×ω×;)

亡きアントニオ・ガデスと
神の舞踏団に
心から感謝申し上げます。
 
アントニオ・ガデス舞踊団の『カルメン』を観て来たぁぁぁー(ノ≧ω≦)ノ
あまりにも、あまりにも、衝撃的ブラボー過ぎて、キャパオーバーな興奮に陥っておりまするw
今日多分寝付けないわ。。。

今回の来日では、「アンダルシアの嵐」「カルメン」「血の婚礼/フラメンコ組曲」の3演目を上演するのだけれど、スケジュールの関係でおたむが鑑賞出来るのは今日の「カルメン」だけ。そりゃあもちろんウキウキだよ(*´ω`*)エルフラメンコで見た本場のフラメンコ☆SHOWも凄い良かったしー(*´ω`*)

そしてオープニングを迎え・・・・
フラメンコの振りを合わせているかのようなスタジオの光景。パソ(ステップ)とパルマ(手拍子)の音が響き渡り、神の集団は完璧に同じ動きをしながらも、個々の主張を舞っている。
おたむ口あんぐり(◎ω◎)、息を呑んで、って言うか、息をするのを忘れて固まる。
初めて見たよ、こんな世界。ふぁんたすてぃっく。あんびりばぼー。あめいぢんぐ。自分のボキャの貧相さが恨めしい。あの、あの、あの感じを何一つ伝えられないなんて!!
鳥肌で体中がゾクゾクするの!こんな感覚いつ以来かしら?

フラメンコダンサーのエリート中のエリートが集結しているわけですから、その技術はド素人のおたむが見てもすぐ分るくらい超人的(☆ω☆)
しっかし、あのマノ(手)関節が無くなってるとしか思えない。フラメンコ独特の手の動きで、手首をグルングルン回しながら踊るのだけど、手首90度以上曲がってるー!内側も外側も!ビックリだよ。
足凄く高く上げてるからファルダ(スカート)の揺れがとても綺麗だったなー。

その後シーンは移り、彼らは踊りでストーリーを語り出すのだが、これがまた素晴らしい!!振りの形はフラメンコのままで(よくある前衛的な創作ダンスちっくにならないで)、しかし、叙情的な語り口を失わない(リズムが際立ち過ぎていかにもダンス~な感じではない)。
おたむのフラメンコの概念を破壊されたと言っても大袈裟じゃないと思う。世の中にはまだまだ知らない感動がいっぱいあるんだな~。感無量でござる。

舞踊団の看板であるアントニオ・ガデス氏についてちょっと留めておくと、
彼は、スペインの舞踊家兼振付家で、踊り手としての実力も然ることながら、「フラメンコ」と言う舞踊を舞台芸術に仕立て上げた功労者として、スペインのみならず全世界に広く知られている人。スペイン国立バレエ団の初代芸術監督に就任した経歴からも、彼の才能が大きく評価されていたことが分かる。2004年7月マドリードにて死去。享年67歳。
・・・つまりは、天才ってことだね。
gades_port.jpg
しかもイケメンだし。
踊り手としての彼ってどんなだろ?気になる~。DVDとか探してみようかな。
スポンサーサイト
03/04 23:28 | FLAMENCO | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/1056-919dd0af
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。