スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
バベル
20070503224741.jpg

原題:BABEL
製作年度:2006年 アメリカ
上映時間:143分
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 、二階堂智 、アドリアナ・バラーザ 、エル・ファニング 、ネイサン・ギャンブル 、小木茂光 、マイケル・ペーニャ
解説:モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、完成度の高い物語を作り上げた。名だたる実力派俳優たちが名演を見せる中、孤独な少女を演じ、海外のさまざまな賞に名前を連ねる菊地凛子の存在感のある演技に、目がくぎ付けになる。
 
久々nakajiと映画~♪
うーん(・ω・;)
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本で繰り広げられる物語がミックスして展開していく中で、日本の部だけが妙に浮いてるし。
解説にある“一つの真実に導かれていく”ってよく分かんないし。
凛子の高校生はどぉだろ(・ω・;)かなり無理を感じるし。
クラブのシーンは本当チカチカして気持ち悪くなりそうだったし。
 
かと言って全否定ってわけでもない。
一見バラバラに展開する物語が一つに繋がるってゆぅよりは、逆に繋がりを持つ独立した4つの物語って感じ。
完全に独立した4つのお話として見たら、気持ちが伝わらないもどかしさとか世の中の不条理とかねぇ、まぁよくあるっちゃぁあるテーマだったけど、分かり易く描かれていたと思うなぁ。
でも、この映画見て「バベルの塔」まで行き着く人なんているのかな?
おたむはnakajiに聞かなかったら、バベルの意味全然分からなかったよ(・ω・;)
スポンサーサイト


映画 … 洋画
05/03 23:06 | MOOOVIES | CM:4 | TB:8
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/260-b30adc95
* トラックバック *
バベル
バベル’06:米◆監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ「21グラム」「アモーレス・ペロス」◆出演:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 ガエル・ガルシア・ベルナル 、 役所広司 、 菊地凛子、アドリアナ・バラッザ....
バベル
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の\"バベルの塔\"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、
『バベル』\'06・米
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
-
管理人の承認後に表示されます
-
管理人の承認後に表示されます
『バベル』を観たぞ~!
『バベル』を観ました『アモーレス・ペロス』、『21グラム』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの場所で孤独な魂どうしが織りなす愛と哀しみ、再生への希望の物語が...
映画『バベル』(お薦め度★★)
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
-
管理人の承認後に表示されます
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。