スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
主人公は僕だった
syujinnkou.jpg

原題:STRANGER THAN FICTION
監督:マーク・フォースター
出演:ウィル・フェレル 、エマ・トンプソン 、ダスティン・ホフマン 、クイーン・ラティファ 、マギー・ギレンホール 、リンダ・ハント 、トニー・ヘイル 、クリスティン・チェノウェス 、トム・ハルス
解説:もうすぐ自分の人生が終わってしまうと知った男が、死を阻止するために奔走するファンタジードラマ。監督は『ネバーランド』の名匠マーク・フォースター。自分の人生が有名作家の小説の中で進行していると気づく主人公の男ハロルド・クリックを『プロデューサーズ』のウィル・フェレルが、彼の人生を執筆する作家を『いつか晴れた日に』のエマ・トンプソンが演じる。ファンタスティックで奇抜な設定と、心温まるラストは必見。
story:毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、同じ歩数でバス停まで歩き、毎晩同じ時間に眠る会計検査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、彼の行動を正確に描写する女性の声が彼の耳に聞こえてくる。その声の主は人気悲劇作家のカレン・アイフル(エマ・トンプソン)だった。

  
何だこれは。うーんファンタジーのようでありコメディのようであり。
予告編何回か観てたけど想像してたのと全然違ってた。
普通にイイ感じの良くある映画だったよん。いい意味で。
 
毎日同じリズムで生活を送り、人と関わる事とか自分の感情とか忘れちゃってるミスター・ロボットくんみたいな主人公が、生きる意味とは何か?を考えるキッカケを得て変わって行く、って感じかな。
ひょんなことから自分の死を宣告されちゃって、イヤだ!死ぬのはイヤだ!!って思ってはみたものの、じゃあ自分は何のために生きたいんだろぉ?と考えてみる。
やりたいことって言われても・・・て感じだった主人公が、昔やりたかったギターを練習してみたり、気になる彼女に思いを告ってみたり、機械人間だった頃の日常にはなかった自分を見つける。
ハラハラするような展開とか、ドラマチックな絵はないけど楽しめた♪
まぁいくつか疑問は残りましたが。
つまらない日常を脱皮して生きることを楽しみ始めた主人公が、近い将来自分に訪れる死をあっさり受け入れちゃったのは何でだ(・ω・;)?
作家があっさり結末=彼の死を変えちゃったのは何でだ(・ω・;)?
そして彼女の最高傑作がこれって(・ω・;)うーん(・ω・;)(・ω・;)
 
役者は良かった♪♪
エマ・トンプソンて(☆ω☆)!!本当役者らしい役者だなぁ。
ラブアクチュアリーの時と同一人物とは思えないわぁ。
それからウィル・フェレルは主人公ピッタリ!!!
はまりすぎーーーーーー(≧ω≦)何か好きだな、彼。
 
毎日同じ生活の繰り返しでお疲れ気味の人にはオススメ♪
プチ☆リフレッシュ出来るかも。
スポンサーサイト


映画 … 洋画
05/23 22:34 | MOOOVIES | CM:2 | TB:8
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/290-fabbabd4
* トラックバック *
主人公は僕だった
ナレーションはナニーマクフィーだった。
主人公は僕だった
主人公は僕だった’06:米◆監督:監督:マーク・フォースター「ネバーランド」「チョコレート」◆出演:ウィル・フェレル、 エマ・トンプソン、 マギー・ギレンホール、 ダスティン・ホフマン、 クイーン・ラティファ ◆STORY◆国税庁に勤める几帳面...
主人公は僕だった
 『男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。』  コチラの「主人公は僕だった」は、5/19公開になった\"人生のストーリーを書き直したいすべての人に贈る、奇想天外で心温まる感動作。\"小説の世界と現実が交錯する不思議なコメディなのですが、早速観て来ちゃ...
「主人公は僕だった」
主人公は僕だった コレクターズ・エディションソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 国税庁の会計検査官ハロルド・クリック(ウィル・フェレル)は、規則正しく単調な毎日を送る 平凡な男。ある朝、彼の頭にナレーションのような女性の声が聞
≪主人公は僕だった≫(DVDレンタル@2008/01/02@003)
主人公は僕だった   公式HP   詳細@yahoo映画 ちょっと設定が面白そうだなと思って観た作品 最初の数字が現れるデジタルな感じは好きだし面白いなぁ …と思いながら観てたんだけど、途中からちょっと退屈に… 脚本は素晴らしいと思うけど期待した分...
主人公は “2人” だった●主人公は僕だった
キャッチャーなタイトルが、作品をミスリードさせる。 『Stranger Than Fiction』 主人公は僕だった - goo 映画 平凡で面白みのない男、ハロルド。...
映画『主人公は僕だった』
原題:Stranger than Fiction 事実は小説よりも奇なり、というけど、小説の主人公がそのまんま僕だったなんて、いかにも嘘っぽくて期待しなかったけど~意外に面白くて感動的な物語~ 主人公は国税局に勤め几帳面で計算にも強いハロルド・クリック(ウィル・フ
『主人公は僕だった』\'06・米
あらすじ毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、同じ歩数でバス停まで歩き、毎晩同じ時間に眠る会計検査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、彼の行動を正確に描写する女性の声が彼の耳に聞こえてくる。その声の主は...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。