スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
推理小説
20070612162345.jpg

『推理小説』by秦 建日子
 
会社員、高校生、編集者…面識のない人々が相次いで惨殺された。事件をつなぐのは「アンフェアなのは、誰か」と書かれた本の栞のみ。そんな中、出版社に届けられた原稿には事件の詳細と殺人予告、そして「事件を防ぎたければ、この小説の続きを落札せよ」という要求が書かれていた…最注目作家、驚愕のデビュー作。
 
★☆☆☆☆byおたむ
 
 
部屋の片付けしてたら、こんなの出てきた!
おたむ的“ひょっこり出てきて嬉しい物ランキング”1位は、本だな、やっぱり。
と言う訳で、ひょっこりコレを見つけた時嬉しかったぁ(≧ω≦)
見つけた時は、ね。
 
普通さぁ、ドラマ化や映画化された原作本て、もれなく原作のほうが面白いじゃん。
『アンフェア』面白かったし、原作見つけたときは絶対ドラマ以上面白いに違いないって期待していたのだが。
あれぇ(+ω+;)ナゼナゼ(+ω+;)?
・・・・ドラマの方が面白い場合もあるようです。
 
なんか。
コレ小説じゃないし(・ω・;)
ノベライズじゃないよね(・ω・;)?原作だよね(・ω・;)?
作者が脚本家出身だと知って納得。そんな感じ。脚本ぽい。場面の区割りとか。ドラマを作るための、って感じ。
場面を支配する語り主が激しく変わったり、“犯人の声”として犯人作推理小説が描かれたり、斬新ではある。
けど、小説としてみたらどーなんでしょぉね~。
それがスリルやスピード感に繋がるかと言えばかなり疑問。
無駄に困惑させられた感じ(・ω・;)
 
おたむ的には、あまりにも軽すぎて読み応えを感じられなかった。残念。


スポンサーサイト
06/14 21:53 | BOOOKS! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/321-bc966146
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。