スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
不完全なふたり
★★☆☆☆byおたむ
 
fukannzenn.jpg

原題☆UN COUPLE PARFAIT ☆2005年☆フランス
監督☆諏訪敦彦『パリ、ジュテーム』
出演☆ ヴァレリア・ブルーニ『プロヴァンスの贈りもの』『明日へのチケット』☆ブリュノ・トデスキーニ 『待つ女』『 情痴 アヴァンチュール』
 
フランスの女のヒトってどうしてこんなに素敵なの???
自然体なのに、髪の流れとかまるで計算しつくされたかのような素敵な形・・・
なんだろねーーーカシュクールワンピとか超素敵過ぎ!!
フランスのちょい鬱なあの不陰気に合うのだろーか。
とにかく素敵すぎなの~
マリーの青のカシュクールワンピとっても良かったああああ(≧ω≦)
結婚式に着ていくワンピを青にするか赤にするかで試着してみて、結局赤いのに決めたので青は一瞬だけだったけど。
グリーンがかった深みのある青色で、デザインはデコルテラインに確かフリルで、それとも舞台の間接照明のせいなのかしら、絵になるわぁ。ウットリ(*'ω'*)
 

物語☆マリー(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)とニコラ(ブリュノ・トデスキーニ)は、友人の結婚式に出るためにリスボンからパリにやって来る。結婚して15年の彼らの仲は冷めきっており、ホテルでもエキストラベッドを頼んで別々に寝るほどだ。友人との夕食の席で、夫が離婚話を持ち出したことからさらに二人の間は険悪になる。  
 
映画の日が休日と重なると得した気分♪
朝9:40には映画館でスクリーン見つめてました(ёωё)
  
男とは、女とは、夫婦とは・・・
上手に表れてたような気がする。
自分の悲劇に夢中過ぎて、相手とか周りとか、とりあえず無視なんだよね。
自分の気持ちも整理出来てなくて、自分自身をもてあます。
そんな心理状態の時、男はどうする?女はどうする?
特に女子。
プチ・ヒステリックな感じ。
嫌だけど超分かる(・ω・;)
脆いような強いような繋がり。
そんなものなんだろぅな。
 
日本人の監督でフランス映画。
フランスでは評価されてるらしい。
ストーリーは鋭いと思うのだが。
カメラワークはこれでいいのかい(・ω・;)?
常に、座った上体の人物がMAX入るくらいの絵で。
それで、長回し。
これ、途中の重要なシーンとかに使われてたら際立ってアクセントだったかもだけど、ずっとこれぢゃあ・・・違和感。
無言チックなところは良かったんだけど。
んーーーーーーー
狙いすぎ?
 
挿入音楽のピアノが『傷だらけの男たち』ぽかった。
偶然だと思うけど。

 
スポンサーサイト
09/01 23:23 | MOOOVIES | CM:0 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/368-f8e4d65d
* トラックバック *
不完全なふたり 【称号:ゴミ】
15年間、結婚生活を送るも、もはや破局寸前のマリーとニコラ。2人は友達の結婚式
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。