スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
けものみち
kemo1.jpg kemo2.jpg
 
『けものみち』by松本 清張
 
割烹旅館で働く31歳の成沢民子は、脳軟化症で回復の見込みのない夫・寛次に縛られた暮しを若さの空費と考えていた。彼女は赤坂のホテル支配人・小滝にそそのかされ夫を焼殺し、行方を絶つ。直感で民子を疑った刑事・久恒はその行方を追ううち、民子への欲望をつのらせ、政財界の黒幕・鬼頭の女になっていることを突き止める。人倫の道を踏み外したものがたどる〈けものみち〉とは。
 
★★☆☆☆byおたむ
 
米倉涼子のドラマは見たことないのですが。一回も。
なんとなぁく筋書き知ってるのはナゼなんだろ??
まぁともかく読んでみた。 
 
んーーーーーーー(-ω-)
んーーーーんーーんーーー(-ω-;)
『けものみち』=‘人倫を踏み外したものがたどる道’ってソソル題名じゃない?
複雑に絡み合った影の世界の住人たちの思惑が・・・って勝手に妄想始っちゃって(・ω・;)
期待が大き過ぎたと言うことでしょう。
なんか・・・・違ってた(・ω・;)
 
てかエロス(・ω・;)無駄にエロスだよこれ。
上巻の後半とか結構ウンザリーナ(・ω・;)
エロの部分と核となるストーリーのバランスが悪い。
エロと主部分の絡み方もいまいち。
 
物語の要となる影の黒幕・鬼頭の所業についても、謎ぽくなくて‘推理する’要素少なすぎだし。
主人公の民子にしても、民子を追う刑事・久恒にしても、最後の方不自然に浅はかだし。
結末の小滝の一人勝ちも意味不明だし。
 
んーーーーーんーーーーー(-ω-;)
松本清張・・・・・違うのから行くべきだったか・・・無念(-ω-;)
スポンサーサイト
09/17 22:57 | BOOOKS! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/394-48b25121
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。