スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
インファナル・アフェア
★★★★☆byおたむ
 
in1.jpg

原題☆INFERNAL AFFAIRS/無間道
製作☆2002年香港
監督☆アンドリュー・ラウ『傷だらけの男たち』『デイジー』☆アラン・マック『傷だらけの男たち』『頭文字[イニシャル]D』
出演☆アンディ・ラウ『墨攻』『ベルベット・レイン』『LOVERS』☆トニー・レオン『傷だらけの男たち』『花様年華』『恋する惑星』
 
この前観た『傷だらけの男たち』のトニー・レオンがカッコ良過ぎで。
久々観てみたの。
うううッ(*'ω'*)いいねぇ~いいねいいね~~(*≧ω≦*)
男前な映画って好きだぜ(*≧ω≦*)
 
 
物語☆1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は、警視に能力を見込まれマフィアへの潜入を命じられたのだった。やがて2人の青年は、それぞれの組織で台頭していく。そして10年後、警察はヤンから大きな麻薬取引の情報を受け取る。しかし警察の包囲網はラウによってマフィア側に筒抜けとなっていた。検挙も取引も失敗に終わったことで、警察、マフィア双方がスパイの存在に気づいてしまうのだった…。
 
 
こういう男子達を‘男らしい’と言ふのであろう。
 
警察のスパイとマフィアのスパイ。
どちらもギリギリだよね。間違いなく。緊張を解くことは許されず、常に死と隣り合わせの極限状態。
このギリギリな感じ!!!たまりませんわ(*'ω'*)
二人とも本当上手く表してるのよね、このギリギリ感を。
多くを語らず訴えてくる感じ。圧倒されるわ。
背景がまた恐ろしくピッタリンコな雰囲気。何だろ、あの香港独特の。
狭い路地裏とか。決して清潔ではない、建物同士が迫りあった路地裏。
背景も一緒に演技してるのか?くらいイチイチはまってる。
 
たまたま対極に位置することになってしまった男達だけど、ちょっとだけ運命が違っていれば親友になれたかもって匂わすシーンはツボ(≧ω≦)
in4.jpg
まぁこの段階ではお互い全く相手のことを知らないわけだが。
二人とも音に興味会って、そこから会話が始って、何となく好感を抱く二人。
それぞれ与えられたポジションで好む好まざるに関係なく、ベストを尽くしてるだけなのに。仕事の内容がねぇ・・・・切ないねぇ。
 
エンディングにタイトルの“無間道”が流れて、続いて仏教の教え的なフレーズ。
その内容の通り、一番悪い奴が生き地獄に残された、結末。
深いわぁ・・・・。
騙した者が勝ち、殺された方が負け、なんてレベルの遥か上にね。
判断する基準が変わると、何を良しとするかって変わるじゃん。
この二人の主人公がカッコ良いのって、レベル高い悲しみとか分かるからかも。
そもそも仏教な感じが底の方に流れているから、この作品がすごく魅力的なのでは。
なんて。おたむはブッダloveだからねぇ(・ω・;)何でもこじつけたいだけなんだろウ(・ω・;)
 
しっかし、ケリー・チャンがトニー・レオンを好きだってどぉなの?
いらないエピソードだと思うのですが(・ω・;)
トニー・レオンの片思いだった方が、自然だし切ないし良かったのでは(・ω・;)??
in3.jpg

 
おたむ的には、トニーレオンは悪役の方が好き~(*'ω'*)
悪を秘めた笑顔がゾッとするほど素晴らしい。
スポンサーサイト
09/17 23:19 | MOOOVIES | CM:0 | TB:2
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/396-a73921a5
* トラックバック *
インファナル・アフェア
 大晦日の「ハリポタ」3本立て、そして昨日の「踊る」3本立てに続きまして、お正月の3本立て第2弾ってなワケで、「インファナル・アフェア」シリーズの3本立てです。  で、こちらは公開当時『ハリウッド史上の最高額リメイク化権!』と話題になっていたのですが、今年
インファナル・アフェア 無間道
男には決断すべき時がある。心に秘める愛がある。 【関連記事】 「インファナル・アフェア ? 無間序曲」 「インファナル・アフェア? 終...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。