スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
スクール・オブ・ロック
★★☆☆☆byおたむ
 
何が笑えるって、ジャック・ブラックゥゥゥッ!!!ダチョウのリュウちゃんぽくて!!
仕草、動き、いちいちオモロイwww吹き出しまくりwwwwww
 
schoolofrock.jpg

 
原題☆THE SCHOOL OF ROCK
製作☆2003年☆アメリカ
監督☆リチャード・リンクレイター『恋人までの距離(ディスタンス)』『ビフォア・サンセット』
出演☆ジャック・ブラック『ホリデイ』『愛しのローズマリー』☆ジョーン・キューザック『イン&アウト』☆マイク・ホワイト☆サラ・シルヴァーマン
 
 
物語☆バンドをクビにされ、ルームメイトのネッド(マイク・ホワイト)からも追い出されたデューイ(ジャック・ブラック)は名門小学校で代用教員をしているネッドになりすましバイト感覚で学校へ行くが……。
 
なんとなく、これは面白いに違いないと何の根拠もなく思い込んでいたのだが。
期待が大きすぎたようである(・ω・;)
 
バンドバカなプーが軽い気持ちで偽教師となり、ロックを通して生徒達と交流を深めるといぅ、ありがちなお話。ジャック・ブラック演じる主人公のデューイが教壇に立つことになった時点で、結末が想像出来てしまウ(・ω・;)そしてその想像を裏切ることなく、どんでん返しもなく、物語は終結してまウ(・ω・;)
 
名門校に通う生徒達は、いわゆる優等生ばかりで成績第一、親の期待に答える事が第一、な生活を送っており、自分がしたい事なんて二の次どころか、何をしたのか何が楽しいのかも忘れてしまっているよう。そんなところにハチャメチャいい加減な先生が登場したものだから、最初は戸惑いつつも次第に彼のペースに乗せられ、楽しい時間を共有し笑顔を取り戻して行く。
って言うストーリーの割には個々の生徒の描き方が弱いような気が。もっとそれぞれの悩みとか複雑な心境が出てれば良かったのに。勢いでワァーーーってバンドやって楽しいな、ってだけで生徒の成長とかは感じられなかった。最後のライブはハジケてて楽しそうだったけど。
 
てな訳でヒューマンドラマ度が低いなら、コメディとして徹底しているかと言われると、んーーそれもどうなんだろ(・ω・;)?ベタベタなコメディでもないし。
おたむが勝手に大うけしたポイントはジャック・ブラック!!なんかダチョウのリュウちゃんに似てない?って一度頭の中よぎったら、それ以降リュウちゃんにしか見えなくて!!
schoolofrock2.jpg ryuu071028.jpg
仕草とか動きとか、コントの上島竜兵まんまwwwww
ステージで突き出たおなか丸出しで踊り繰りながらギター弾く姿とか、必死な顔とか!!
校長先生と話す時、口に人差し指を当てる仕草とかも笑える!!
笑える仕草って万国共通なの??
本編とは関係ないところでかなり笑わせてもらいましたわ。
スポンサーサイト
10/28 23:58 | MOOOVIES | CM:0 | TB:3
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/449-b4953e71
* トラックバック *
スクール・オブ・ロック
 コチラは、コメディの中でも個人的に好きなロック・コメディです。「スティル・クレイジー」同様、ロックへの愛ゆえの笑いって感じで、楽しめます。  リチャード・リンクレイター監督と言えばイーサン・ホーク主演の「恋人までの距離」とか「テープ」のように台詞中心...
ジャック・ブラックの映画が教えたこと
彼は俳優の演技に興味がなかった。 彼が好きなのは物語だった。小説もマンガもアニメもドラマも映画も好きだったが、目を向けていたのは文章の美しさでも絵の上手さでも演技力でもなく、物語だけだった。 彼は設定の奇抜さや展開の妙、見事な伏線やクライマックスのカタ..
『スクール・オブ・ロック』\'03・米
あらすじ代用教員の親友ネッド(マイク・ホワイト)のアパートに居候しているデューイ(ジャック・ブラック)は、多額の家賃滞納により、追い出すと宣告される。しかし、バンドはクビになり、途方に暮れた彼はネッドになりすまして、学校の代用教員になることに・・・・。感想...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。