スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
風の影
★★★☆☆byおたむ
 
・・・・読書は個人的な儀式だ、鏡を見るのと同じで、僕らが本の中に見つけるのは、既に僕らの内部にあるものでしかない、本を読むとき、人は自己の精神と魂を全開にする・・・・ベアの言葉より
 
kazenokage1.jpg kazenokage2.jpg

『風の影』byカルロス・ルイス サフォン(木村裕美訳)
 
1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。
 
 
これは一体何小説なんだろう?
スペインの内戦時代を描いた歴史小説であり、ダニエルの少年から大人への成長する過程を描いたほろ苦い青春小説であり、フリアンとペネロペ・ダニエルとベアの『ロミオ&ジュリエット』並みの大恋愛を描いた恋愛小説であり、謎が謎を呼んでどんどん深みにはまる推理小説であり、その謎に果敢に挑むダニエルとフェルミンの冒険小説でもあり。
色んな要素が満載なのに、ごちゃごちゃせず不思議とまとまっているエンターテイメント。
 
上巻はいまいち制限速度内な感じだけど、下巻は一気にスピード上がって盛り上がる。
“七日後に、ぼくは死ぬことになる。”って(・ω・;)反則技だろ(・ω・;)一瞬で釘付けだよ。

少年ダニエルが一冊の本と出会い、全てが始まる。本の著者フリアンに興味を持ったダニエルは探偵を気取り調査を始め、フェルミンと言う良き相棒を得る。ところが、彼らの行為は思いがけず、多くの人を巻き込むこととなる。彼らは、過去に封印されたパンドラの扉を開けてしまったのだった。 
フリアンにとってたった一人の愛する女性であったペネロペ。ダニエルにとってのベア。二組の恋人を取り巻く環境。過去のフリアンとペネロペ、現在のダニエルとベアにはいくつかの偶然を超えた不思議な共通点があり、その辺りの展開を“ご都合主義”と捉える人もいるかもだけど、おたむ的にはダニエルとフリアンの“運命めいた縁”てことで充分納得出来たな。だからこそ二人の間に深い友情が芽生えたわけで。
 
最終的に“隠された秘密”を明らかにするのが、フリアンを慕う同居人ヌリアの遺書って言うのは安易だけどね(・ω・;)今まで危険を冒して秘密を探ってきたのに、遺書であっさり全容大公開って(・ω・;)若干拍子抜け感(・ω・;) 
結末もはっきり言ってベタなんだけど。エピローグとかベタベタなんだけど。
それでもすっかりそのベタな陰謀にはまってベタに感動してるオレ(・ω・;)いいぢゃん!ベタなハッピィエンド!
 
おたむ的にはフェルミンが一押しキャラ(*≧ω≦*)
昔スパイだったことで警察に捕まってボコボコにされて、その後はホームレスとして生きてきた彼だけど、ダニエルのパパに雇ってもらったことで生まれ変わる。ダニエルとダニエルのパパに忠誠を誓い、それをちゃんと実行に移してて、義理堅い人なのよ。口では毒舌全開で言いたい放題だけど、心は優しくて勇敢で、そのギャップが良いの。 
ダニエルのパパも素敵(*≧ω≦*)
・・・・お前が見ている本の一冊一冊、一巻一巻に魂が宿っている。本を書いた人間の魂と、その本を読んで、その本と人生をともにしたり、それを夢みた人たちの魂だ。一冊の本が人の手から手に渡るたびに、そして誰かがページに目を走らせるたびに、その本の精神は育まれて、強くなっていくんだよ・・・・
パパ素敵だ~(*'ω'*)この言葉超素敵(*'ω'*)本は単なる文字の集合体じゃなくて、著者の思いと、読んだ人の気持ちまでも吸収してる、なんて。この発想が素晴らしい!!
 
最期まで楽しめたけど、安易な展開が多少気になってしまう本作★3つで。
 
最近、スペインブームみたい。映画でみた『サルバドールの朝』とか。美容院でもスペインの話題になったし。この本は随分前に出てる本だから偶然なんだけど。なんだろ。スペインがオレを呼んでいるのか?
スポンサーサイト
11/09 23:26 | BOOOKS! | CM:1 | TB:0
アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/456-f0fefda8
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。