スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
慟哭
20061231213811.jpg

『慟哭』by貫井徳郎
  
連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……。人は耐えがたい悲しみに慟哭する――新興宗教や現代の家族愛を題材に内奥の痛切な叫びを描破した、鮮烈デビュー作。
タイトルは『慟哭』
書き振りは《練達》
読み終えてみれば《仰天》
─────by北村薫
   
★★★★☆byおたむ
  
面白かった(☆ω☆)!!
本屋さんで偶然見つけた本が当たりだった時ほど、興奮する時はないね。
構成も良かったし。
リズムもまあまあ。
サプライズあり!!
この本に関しては、あんまり語るとネタバレになっちゃうから。
推理小説はこのくらいのサプライズあると嬉しいな~。
やられました感がッ(^ω^)♪
スポンサーサイト
12/31 21:46 | BOOOKS! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/47-b6ee04ef
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。