スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ノー・マンズ・ランド
★★★★★byおたむ
 
実にリアルな戦争映画。実に素晴らしい戦争映画。
「傍観者は加勢者と変わらない。」・・・突き刺さる言葉が痛すぎる(+ω+;)
 
nomansland.jpg
 
原題☆NO MAN'S LAND
製作☆2001年☆フランス/イタリア/ベルギー/イギリス/スロヴェニア
監督☆ダニス・タノヴィッチ『美しき運命の傷痕』
出演☆ブランコ・ジュリッチ☆レネ・ビトラヤツ☆フイリプ・ショヴァゴヴイツチ☆カトリン・カートリッジ☆サイモン・キャロウ
 
 
物語☆1993年6月。ボスニア紛争の最前線。霧で道に迷ったボスニア軍の兵士たち。いつの間にか敵陣に入り込み、気づいたときにはセルビア軍の攻撃が始まっていた。唯一の生存者チキは、なんとか塹壕にたどり着き身を隠す。そこは、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”。偵察に来たセルビア新兵ニノと老兵士はボスニア兵の死体の下に地雷を仕掛けて引き上げようとする。その瞬間、隠れていたチキが二人を撃ち、老兵士は死に、ニノは怪我を負う。チキとニノの睨み合いが続く中、死んだと思われていたボスニア兵が意識を取り戻し……。
 
戦争映画ってあまり好きじゃない。現実に起こっている戦争やその歴史について、色々と考えるキッカケにはなるけど、主張が激しすぎて逆に冷めてしまうことがある(・ω・;)残虐な戦闘シーン、正しいヒューマニズム、悪に対しての正義、等々、そこから受け取る反戦メッセージって何だか大仰で熱血漢的で、白々しいと言うか押し付けがましいと言うか。
 
ところが。これは違う!!
戦争と言う緊張感が日常にある人達の、素な反応。生活をするように戦場にいる彼ら。血がドッッバァーーな流血シーンとかほとんどないのに、恐ろしく生々しい。リアルなんだけど、ドキュメンタリーちっくでは全然なくて、すごくドラマなの。
驚いたのが、このダニス・タノヴィッチ監督はボスニア紛争で戦った経験が実際にあるのだとか。なるほどリアルさ加減には納得だが、実際にボスニア紛争に参加してそれを基に作った映画なのに、ボスニア人vsセルビア人の描き方がどちら寄りでもなく、どちらかを批判することなく、完璧に公平に扱っているのには参りました。いやー器が大きいね。スゴイね。
 
敵同士のボスニア人チキとセルビア人ニノが“ノーマンズランド”と呼ばれる中間地帯に隔離されてしまう。
「オマエの国が先に手を出したんだ!」「オマエの国の方がもっと卑劣だ!」不毛な会話は小学生の喧嘩並みで、戦場と言う緊張感には場違いな滑稽さを醸し出している。シュールだわぁ・・・このブラックな笑いは。この二人に象徴される滑稽さ加減は、戦争のそれであり、人間のそれだろう。
お互い銃を手に敵から目を離すまいとする中、二人に共通の友人がいることが発覚して友達同士のような会話を始めたり、かと思えば自分の言い分が通らないことに憤って突然相手の足を撃ったり。人間の良心なんてものはほんの一瞬で狂気に変わるような脆いものなんだね。人を殺すことを肯定されている環境下では特にね。

同じく“ノーマンズランド”に取り残されたツェラは、意識を失ってる間に、背中の下に地雷を埋め込まれ身動きが出来ないと言うありえない状態に。
この地雷を何とかしようとチキとニノは白旗を振って一時停戦まで持ち込むのだが、その後登場する国連防護軍やメディアの存在もこれまたリアル。世の中に戦争の不条理さを伝えようと奮闘するリポーターは、その素晴らしい志と同じくらい、スクープをモノにしたいエゴがあるし。国連防護軍と言ったって上層部になればなるほど所詮は他人事で、やはり興味があるのは自分に対する評価だし。ポリシー持って行動する人も、組織の中では命令に背いてばかりはいられないし。
戦争なんて場所は、人間の最も醜いところが露出しまくる最悪な環境だ!
あーもぉ、人が人を殺さなくちゃいけないって何でだよ(▼ω▼#)もしかして私達のDNAには“戦う・殺す”ことが刻み込まれるんだろーか(ФωФ;)?イヤダーそんなの!!
 
結局、チキもニノも殺されて、ツェラは背中に地雷を当てたまま置き去りにされてしまう。後味は悪いけど、これが戦争の、戦場にいる人間の、本当のとこだと思う。だいたい本物の戦場にヒーローなんてそうそういないだろ(・ω・;)正義とか考える余裕ないだろ(・ω・;)
淡々と展開するドラマなのに反戦メッセージが強く響いてくる本作、戦争映画のマイベスト。
スポンサーサイト
11/29 23:45 | MOOOVIES | CM:0 | TB:3
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/482-abcb6f3c
* トラックバック *
ノー・マンズ・ランド
 コチラの「ノー・マンズ・ランド」は、2001年のカンヌ映画祭で脚本賞をアカデミー賞で外国語映画賞を受賞したシニカルな反戦コメディです。  監督は、「美しき運命の傷痕」のダニス・タノヴィッチ監督。なんとこの作品が、長編映画デビューなんだそうです。  ボスニ...
「ノー・マンズ・ランド」(DVD)
JUGEMテーマ:映画 パンツいっちょで命乞い。 カッコイイ戦争映画よさようなら。 たっぷり笑って、たくさん考えよう。 原題:「No Man\'s Land」 製作国 フランス/イタリア/ベルギー/イギリス/スロヴェニア 監督: ダニス・タノヴィッチ Danis Tanovic ...
「ノー・マンズ・ランド」(DVD)
JUGEMテーマ:映画 パンツいっちょで命乞い。 カッコイイ戦争映画よさようなら。 たっぷり笑って、たくさん考えよう。 原題:「No Man\'s Land」 製作国 フランス/イタリア/ベルギー/イギリス/スロヴェニア 監督: ダニス・タノヴィッチ Danis Tanovic ...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。