スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
点と線
★★☆☆☆byおたむ
 
・・・・ばらばらな二つの点でした。その点が相寄った状態になっていたのを見て、われわれは間違った線を引いて結んでしまったのです。・・・・三原紀一の手紙より
 
dodandline.jpg

『点と線』by松本 清張
 
福岡市の香椎海岸で発見された男女の死体。汚職事件渦中の某省課長補佐と愛人の心中と誰もが思ったが…。清張推理の原点が、風間完の美しい挿画でよみがえる。
 
 
ドラマを見る前に読んじゃおってことで。
んー、色んな意味で期待し過ぎたみたい(・ω・;)
 
古い小説って、その年月を感じさせないどころかむしろ新鮮で豊かな印象を受けるものと、どうしても色あせちゃった感が否めないものとに分かれるけど、コレは残念ながら後者。
社会派推理小説の先駆けと言われている本作、今でもドラマ化されてるし、当時は大ベストセラーだったと言うし、かなり期待して読んだのでおたむ的には拍子抜け(´・ω・`)
 
トリックって言っても、「なるほどねぇ~(+ω+;)」と唸るほどの大仕掛けではなく、目から鱗的な盲点を突くものでもなく、え?それが(・ω・;)?って拍子抜けしてしまうほどの小物だし。てか、刑事さんが気づいてないだけだし(・ω・;)
そんな訳で、謎を解いてクライマックスに向けて盛り上がる、と言うよりは、小ネタがゴロゴロ転がっていて一つずつ地味にトリックを暴いて行く感じ。
「アリバイ破り」型な本作は、もちろん犯人を特定することではなく、犯人のアリバイを崩して行く過程に醍醐味があるわけで、その部分が地味だとねー厳しいわ(・ω・;)
 
主人公の刑事やその上司など、登場人物の描写や生活感は生き生きと伝わってくる。
それだけに、やっと全ての手口が解明したところで犯人があっさり自殺してしまうのはもったいないなぁ。これだけ用意周到に事を計画した腹黒い犯人像をビフォア・アフターで見てみたかった。
 
社会派という事で、政治家の汚職が絡んだ犯罪なんだけど、それは主人公刑事から見た側からだけの描写なので、「何かとても悪いことをしてる政治家」程度のポジションで、その中身が独立して展開することはない。その辺も残念ポイント。
 
うわ、コレ昭和33年だって(☆ω☆)!今から約50年前って(☆ω☆)!!
まぁそれを考えると、凄いんだろぉな。清張クン、グッジョブ(σ`・ω・)σ
スポンサーサイト
11/28 23:58 | BOOOKS! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/495-b2d118c7
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。