スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ディスタービア
★★☆☆☆byおたむ
 
サスペンスと青春映画を融合させるのって難しい(・ω・;)てか無理(・ω・;)?
 
DISTURBIA.jpg
 
原題☆DISTURBIA
製作☆2007年☆アメリカ
監督☆D・J・カルーソー『テイキング・ライブス』
出演☆シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』☆キャリー=アン・モス『マトリックス』☆デヴィッド・モース『ダンサー・イン・ザ・ダーク』☆サラ・ローマー☆アーロン・ヨー
 
 
物語☆交通事故で父親を亡くしたケール(シャイア・ラブーフ)は自分を見失い、学校で教師を殴り3か月の自宅軟禁処分を受ける。時間を持て余した彼は、退屈しのぎに近所ののぞき見を開始。彼の親友のロニー(アーロン・ヨー)と、隣に引っ越してきたアシュリー(サラ・ローマー)も巻き込み、3人はスパイ活動に熱中していく。
 
ヒッチコック『裏窓』を現代風にアレンジした本作、『裏窓』のジェームズ・スチュワートが車椅子で部屋から一歩も出られないのに対し、本作主人公ケールは自宅謹慎処分によって半径30mの行動範囲を与えられている。だった30mだけど、映像的には随分広がりが出来たんじゃないかな。主人公の行動範囲以外の目新しい進化は見当たらなかったケドね。『裏窓』と比較してどうこう、ってインフォメーションがなかったら観に行かなかったと思ウ(・ω・;)そう言えば映画館の観客はシニア層率高めだったかも。ヒッチコック効果かしら?
 
冒頭の、主人公の父が事故死するツカミは良かったけど、その後は割りとダラダラで、隣にカワイイ女の子アシュリーが引っ越して来てからは、サスペンスよりも青春映画要素の方が多い気がしたけど。でもまぁ逆に言えば、青春映画なんて恥ずかしくて見てられない人も、サスペンス要素が入る事によって一応は楽しめるしね。
アシュリーが、ケールが自分を覗き見てた事を知っても彼に惹かれるのは理解不能だが(・ω・;)普通引くだろ(・ω・;)ストーカーだぜ(・ω・;)
 
本作をサスペンスらしくまとめているのは何と言っても殺人鬼であるデヴィッド・モースの存在でしょう。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』同様、善人顔の彼が悪役を演じると本当ゾワッと来るものがあるわ(+ω+;)
disturbia2.jpg
長めにした後ろ髪にパーマかけた姿が一層危ないオーラをかもし出してる(・ω・;)
なぜ犯人が殺人鬼へと変貌したのかについては一切触れておらず、危機を脱出したケールとママが颯爽と帰還して事件は終了、ちとつまらないけど、まぁ、青春映画ですからねー。
 
キャリー=アン・モスは好き(*´ω`*)何気にグウィネスに似てないかい?
disturbia3.jpg disturbia4.jpg
彼女の水着姿はかなりウハウハ(*'ω'*)お尻から足にかけてのラインが引き締まってて見惚れちゃう!!と、ケール同様ストーカー目線でニヤけてるオレって(・ω・;)(・ω・;)
disturbia5.jpg
 

スポンサーサイト
12/02 13:58 | MOOOVIES | CM:0 | TB:4
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/498-ac427c8c
* トラックバック *
ディスタービア
 『リセット不能の 覗き見ゲーム』  コチラの「ディスタービア」は、全米3週連続No.1&10週連続トップテンにランクインした\"衝撃無限大!!アンリミテッド・ショック・スリラー\"で、日本でもいよいよ11/10に公開となるのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪ ...
『ディスタービア』
アメリカでは大ヒットになった『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ主演のサスペンス。 シャイア・ラブーフは背伸びをした感じのしない等身大のティーンエイジャーを演じられるのが魅力なんでしょうね、日本ではそんなに受けそうなタイプではないけれど、どこにで...
ディスタービア 評価:★★
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『ディスタービア』\'07・米
あらすじ交通事故で父親を亡くしたケール(シャイア・ラブーフ)は自分を見失い、学校で教師を殴り3か月の自宅軟禁処分を受ける。時間を持て余した彼は、退屈しのぎに近所ののぞき見を開始するが・・・。感想スピルバーグからの警告とか宣伝されてる『イーグル・アイ』だ...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。