スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
サイコ
★★★★☆byおたむ
  
心拍数のエキスパート、ヒッチコック氏に手玉に取られるの巻。
  
psycho.jpg
 
原題☆PSYCHO
製作☆1960年☆アメリカ
監督☆アルフレッド・ヒッチコック
出演☆アンソニー・パーキンス『さよならをもう一度』☆ジャネット・リー☆ジョン・ギャヴィン☆ヴェラ・マイルズ☆マーティン・バルサム
 
 
物語☆会社の金を横領した女が立ち寄ったベイツ・モーテル。そこには管理人の青年ノーマンと離れの一軒屋に住む年老いた“母”がいた……。伝説的ヒッチコック・スリラーにして全てのサイコ・サスペンスのルーツであり、その演出スタイルは恐怖感を煽るバーナード・ハーマンの音楽と共に数多くの模倣やパロディを生んだ。原作はロバート・ブロック。
 
ダン、ダン、ダン、ダン・・・
「ギャーーーーーーーー」
0712032.jpg
奴が来るって分かっていても、ビクッッΣ(ФωФ||)ってなってしまう。全くこの緊張感高まるシーンは本当に感服だ!!だんだん細かくなって行くカット割、大きな刃物、引きちぎられるシャワーカーテン、そしてあの音楽!ヒッチコック氏の計算通りにオレの心拍数は上昇(+ω+;)
しかも犯人が刺す瞬間の描写がないのにこれだけオッソロシイんだからねぇ(+ω+;)シャワーに混ざる血が凄いインパクト!!白黒なのに鮮やか!!って言うか、白黒だからこそなのか?強烈グロイ描写はなくても充分恐怖心は刺激されるし、逆にグロイ映像さえあれば怖いってもんでもない。
 
このシーンだけでなく、主人公が大金を持って逃走を謀る道中でも、サングラスの警察の人、雨の中運転する視界、彼女が罪悪感から追われる恐怖観念に取り付かれている様子がありありと伝わってくる。もちろん観てるこっちもバクバク(・ω・;)
天才だねヒッチコックくん、間違いなく。心拍数のエキスパートだわ。
 
ストーリーも凝ってる。
早い段階で主人公が死亡って(・ω・;)その時点で展開がかなり予測不能になってしまい、更に物語りに惹きつけられることに。そしてその好奇心は裏切られることはない。ラストのどんでん返しが最高だーっ(ノ≧ω≦)ノ
本でも映画でも、謎だった犯人の動機が、多重人格とか精神異常とかだとどうも無理矢理まとめた感が漂うものだけど、これは例外。物語のホラー色と相乗効果で、違和感なく更に更に恐怖感を煽られる。アンソニー・パーキンスが演じるノーマンの完全イッちゃってる微笑みがオッソロシイィィィ(+ω+;)最後まで凍る(+ω+;)
このヒトこのノーマン役にあまりにもハマり過ぎて、その後パッとしなかったんだとか。頷けるわ(・ω・;)
 


スポンサーサイト
12/04 23:36 | MOOOVIES | CM:0 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/500-f8168c47
* トラックバック *
サイコ
 『最初から観るか― 全く見ないで下さい 上映開始後は入れません』  ●関連作品レビュー● ・ヒッチコック監督作「バルカン超特急」 ・ヒッチコック監督作「ダイヤルMを廻せ」 ・ヒッチコック監督作「めまい」 ・リメイク作「サイコ」  コチラの「サイコ」は
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。