スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
裏窓
★★★★☆byおたむ
 
覗ける窓があったら覗いてしまうもんだ。何なんだろね、この理由の無い衝動。
 
REAR WINDOW
 
原題☆REAR WINDOW
製作☆1954年☆アメリカ
監督☆アルフレッド・ヒッチコック
出演☆ジェームズ・スチュワート『フィラデルフィア物語』☆グレイス・ケリー『喝采』☆レイモンド・バー☆セルマ・リッター☆ウェンデル・コーリイ
 
 
物語☆カメラマンのジェフは足を骨折し、ニューヨークはグリニッチ・ヴィレッジのアパートで療養中。身動きの取れない彼にとって退屈しのぎの楽しみは、窓から見える中庭と向いのアパートの住人たちを眺める事だけ。だが、その中で、セールスマンの夫と激しい口論をしていた病床の妻の姿が見えなくなった事に気づいた。セールスマンの様子を窺う内に、ジェフはその男が女房を殺したのではないかと推測、恋人のリザと看護人ステラの協力を得て調査を始めるのだが……。
 
てな訳で原作観て見よっと。
ジェームズ・スチュワート演じる主人公ジェフは、車椅子生活の為に部屋から出る事が出来ない。映像は、ジェフの部屋と、ジェフの視界に入る向かいのアパートのみ。この狭い空間を行ったり来たりしているだけなのに、全然退屈しない!!
人の生活を覗くなんてことはもちろん良くない事だし、ある意味犯罪だし、でもジェフと同化してついつい覗いてしまウ(・ω・;)誰にでもある“覗きたい”心理を上手く捉えてる本作、イヤーさすがだね、ヒッチコックさん。最後まで飽きないで本作を楽しめちゃったオレ、覗き願望凄いのかな(・ω・;)?ストーカー性高いとか(・ω・;)?
 
覗きの対象となる、アパートに暮らす人々が皆、こういう人いるいる~って感じなの。孤独な独身おばさん、ミス・ロンリー。夜のお仕事に出かけるナイスバディなお姉さん、ミス・グラマー。作曲家。新婚夫婦。
この辺も、監督の人間観察眼の鋭さに脱帽だわ。
 
ジェフは向かいのアパートの一部屋に住む夫婦の異変に気づき、夫が妻を殺したのではないかと言う妄想に取り付かれる。友人の刑事に相談するが確たる証拠もない為軽くあしらわれてしまい、恋人リサと看護人ステラを巻き込み更にその妄想にのめり込んでゆく。自身が身動きの取れない状態であるため、リサが犯人の部屋に忍び込み危険な目に遭う現場を目撃しながらも、何も出来ない。犯人がジェフの部屋にやって来た時も同じく、迫り来る危険を前にどうすることも出来ない。ジェフのこのもどかしい感情が、観客に乗り移って一緒にドキドキしてしまう辺りはまさにサスペンス!!
殺人を犯した犯人が目撃者である自分を殺しにやってくると言う、サスペンスの王道的なストーリーなのに、実際に殺すシーンや死体が1つも出てこないのも本作の特徴。死体がなくてもこれだけゾワゾワさせちゃうって凄いよな。
 
そしてグレース・ケリーは美し過ぎww
ria1.jpg
何をどうしたらこんな美しい人が出来上がるのだろーか?これ本当に人間か?くらいヤバ綺麗(*'ω'*)
スポンサーサイト
12/02 14:57 | MOOOVIES | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/501-1985e80f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。