スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
まぼろし
★★★★☆byおたむ
 
さっきまで手の中にあった幸せはまぼろしだったの?
 
souslesable.jpg
 
原題☆SOUS LE SABLE/UNDER THE SAND
製作☆2001年☆フランス
監督☆フランソワ・オゾン
出演☆シャーロット・ランプリング『評決』☆ブリュノ・クレメール☆ジャック・ノロ☆アレクサンドラ・スチュワルト☆ピエール・ヴェルニエ
 
 
物語☆マリーとジャンは結婚して25年になる50代の夫婦。子どもはいないが幸せな生活を送っている。毎年夏になると、フランス南西部・ランド地方の別荘で過ごしていた。今年も同じようにバカンスを楽しみに来た。昼間、マリーが浜辺でうたた寝をしている間、ジャンは海に泳ぎに行く。目を覚ましたマリーは、ジャンがまだ海から戻っていないことに気づく。気を揉みながらも平静を装うマリー。しかし、不安は現実のものとなってしまう。ヘリコプターまで出動した大がかりな捜索にもかかわらずジャンの行方は不明のまま。数日後、マリーはひとりパリへと戻るのだったが…。
 
別荘へバカンスに出かける中年夫婦は、その長い時間を共にした者同士にしか出せない穏やかさが凄い素敵で(*'ω'*)
 
そんなマリーの静かで幸せな生活は、夫ジャンの失踪によって一変。夫の不在を受け入れられない彼女は、空想の中で創り上げた夫のまぼろしと共に今までと変わらない生活を送る。その姿は同情を誘うと言うより狂気を感じてしまう。 
夫のまぼろしを見ながら、自分に好意を持つ男性と関係を持つシーンは、何と言ったらいいのか(・ω・;)この上なく切ない(・ω・;)
マリーがその男性に向かって言う言葉。
「あなたは重みがない」
大柄な夫と比較しての言葉なのだが、それ以上の含みを感じさせるこのセリフはかなり印象的。
 
夫が生前うつ病に悩まされていた事実を知り、愕然とするマリー。自分が幸せであったように、夫も幸せであったはずなのに・・・彼女の知らない夫の一面が明らかになり絶望のどん底に突き落とされる。それは、完全に幸福だった彼女の生活をも否定してしまうことになるから。
現実の中で目に映る人や物や全ての対象は、決してその真実を知りえない虚像にすぎない。まさに幻の中に一人佇むようなもの。
 
ラスト、夫が亡くなった海辺でさめざめと泣く彼女はまた夫のまぼろしを見つける。砂浜を走り出すが、行けども行けども決してそのまぼろしに近づくことは出来ない。幻の中を生きることを象徴するような終わりも見ごたえあり。
 
身近な者の“死”を受けて困惑するマリーの姿が淡々と描かれて、それがまた美しくて。淡々振りがかなり気に入った!音楽も最小限で、波の音や車の音とか生活音だけの静かさが、本作の雰囲気に遭ってて◎

それにしてもシャーロット・ランプリングはツボ(*≧ω≦*)!!!!その圧倒的な演技力の素晴らしさはもちろんだが。
綺麗!キレイィィィィィ!!ヤバいこの熟女ビューティービーム!!神!!!
0712061.jpg 0712062.jpg
シワとかタルミとか、年相応な外的衰えはあるのに、ありえない美しい(*'ω'*)知的な清潔さと毅然とした品と熟成された色気が合体して爆発しておる!体のラインもキレイだし、劇中のマリーみたいにジムの鬼になって鍛えているのかしら。はぁぁぁ・・・ほあぁぁぁ・・・うっとりため息が出るわ(*'ω'*)
もうすぐ公開の『エンジェル』にも出てるし楽しみだぁ(≧ω≦)うふふ(*'ω'*)
スポンサーサイト
12/06 23:56 | MOOOVIES | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/515-4e3fa4bd
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。