スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
やさしくキスをして
★★★☆☆byおたむ
 
やさしくキスをして、なんてwwwwww
 
kiss.jpg

原題☆ AE FOND KISS.../UN BACIO APPASSIONATO/UN BESO CARINOSO/JUST A KISS
製作☆2004年☆イギリス/ベルギー/ドイツ/イタリア/スペイン
監督☆ケン・ローチ
出演☆アッタ・ヤクブ☆エヴァ・バーシッスル☆アーマッド・リアス
 
 
物語☆スコットランドのグラスゴー。カソリックの高校で音楽を教えるロシーン(エヴァ・バーシッスル)は、ある日教え子の兄でパキスタン移民二世のカシム(アッタ・ヤクブ)と知り合う。2人はすぐに深く愛し合うようになるが、厳格なイスラム教徒であるカシムの父親は異教徒との結婚を許さなかった。
 
タイトルのロマンチックな響きとは真逆の、人種問題&宗教問題が絡み合った重め恋愛ドラマ。背景の課題が大きいからこそ、その逆境の中で恋人達が交わすキスが美しく映ってしまうのか。愛があれば何でも超えられる、なんてのは所詮希望的幻想に過ぎないね。
 
イスラム教徒の彼とキリスト教徒の彼女。彼らは普通に出会い普通に好意を抱き普通に恋に落ちただけなのに、環境は二人の関係を許さない。信仰そのものと言うより、信仰で深く繋がった家族やコミュニティが大きな障害となり、愛との板ばさみに苦しむ彼らの苦悩が痛いほど伝わってくる。宗教意識が極めて弱い日本人には理解し難いが、これが現実なのだろう。
 
それにしても、結婚が決まっているのに白人女性と安易に恋に落ちて関係を持ってしまう彼は、ちょっとねー無責任過ぎるだろ(・ω・;)アバンチュール的甘い時間が目的だったのかと疑われても仕方ない(・ω・;)その後彼は家族を捨てる覚悟で彼女を選ぶわけだが。
一方の彼女も、その芯の強い性格からくるのかキリスト教の教えなのか、我が道を貫く態度を絶対崩さず、求めてばかりで妥協することをしない(・ω・;)彼には家族からの独立を求めておきながら、「君がイスラム教に改宗してくれないか」と問われればきっぱりイヤと言い放ってしまうし(・ω・;)
こんな二人を見ていると時にイライラしてしまうけど、人間なんて欠点があって当たり前だからね。人はどうして自分の痛みを理解して欲しいのと同じくらいの重さで、相手の痛みを理解しようとしないのだろう?無意識下に潜む、あなたが痛みを受けたなら私もそうしましょう、的まずは相手に犠牲を求める卑しい心。こういうのって恋人に対して特有の感情なのかな。
 
ラストは一応ハッピィエンドを迎えるわけだが、この先の二人を思うと重苦しい気分にさえなってしまうところもまたリアル。
誰かの不幸の上にしか成り立たない幸せってのは本当ひたすら悲しいとか言いようがないρ(-ω-。)
 
個人的には、信仰を大切に生きてるって凄く素敵な事だし誇らしい事だと思う。そして、信仰とか関係なく誰かを想える気持ちも、それ以上に素敵な事だな、と。
 
スポンサーサイト
01/14 21:52 | MOOOVIES | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/558-7476c697
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。