スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
再会の街で
★★★☆☆byおたむ
 
人は人と関わらずに生きて行く事など出来ない。これは人間の宿命。
 
reignoverme.jpg

原題☆REIGN OVER ME
製作☆2007年☆アメリカ
監督☆マイク・バインダー『ママが泣いた日』
出演☆アダム・サンドラー『50回目のファースト・キス』☆ドン・チードル『ホテル・ルワンダ』☆ジェイダ・ピンケット=スミス☆リヴ・タイラー『ロード・オブ・ザ・リング』☆サフロン・バロウズ☆ドナルド・サザーランド
 
 
物語☆キャリアと愛する家族に恵まれ、誰もがうらやむ順風満帆な人生を送るニューヨークの歯科医アラン(ドン・チードル)。ある日、彼は911の飛行機事故で妻子を亡くし、消息がわからなくなっていた大学時代のルームメート、チャーリー(アダム・サンドラー)を街で見かける。元歯科医のチャーリーは、今や世捨て人のような生活を送っていて……。
 
うーーー、とっても評判良いみたいだけど、おたむ的にはイマイチ(・ω・;)期待し過ぎたのが敗因なのか(・ω・;)?
 
アダム・サンドラーもドン・チードルもとっても素敵だったわ、それは認める。シリアス版アダム・サンドラーなんて一見の価値アリ!後半目頭熱くなりまくりだし。しかし・・・可哀想な人の身の上話に同情するのは生理現象みたいなもので、それを感動を呼ぶのかどうかは疑問。あの、チャーリーが内なる苦しみを吐露するアップのシーン、演出のあざとさが感じられてちと引いてしまいますた(・ω・;)素直になれないオレを許してくれww
 
とっても分かり易い演出でココと言った意外性もなく(・ω・;)、大袈裟に言うなら、ありきたりなお涙頂戴ドラマぽくて(・ω・;)
まず、911に絡めた必然性が見つからない。本作は家族を失った男の再生が主題として描かれているのだが、その出発点が交通事故や事件ではなく何故に911だったのだろう?911の印象が強すぎて、作品内容とのバランスが悪いように感じたケド。
リヴ・タイラーは、その役どころのせいなのかしら、本当に印象薄くて(・ω・;)イイ人だけどインパクトない可哀想な人で終わっている(・ω・;)
チャーリー同様苦しい過去から立ち直れない女性は、その存在には大きい役割があるけど、結末は安易だろ(・ω・;)いきなり恋の予感て(・ω・;)
裁判官のドナルド・サザーランドは相変わらず超素敵(*'ω'*)で、圧倒的な存在感で真理を付いたイイ事言うんだけど、これまた想定内。
と、何が何でもイチャモンつけてやろー的ヒネクレ者になっておりますが(・ω・;)
 
逆に言うと、これだけストレートでシンプルな物語だから、安心して身を委ねられるってところはあるかも。シリアスなテーマを扱っていながら、緩急に富んでいて笑えるポイント満載なのが心地良いし(*´ω`*)
 
内容の方は、人と人との繋がりの不思議を考えさせられたなぁ。彼らの再会は正に奇跡で、タイミングや音信不通だった期間やそれぞれの環境や、色んな事がお互いにとって良い方向に作用したようだ。アランはチャーリーを“助けてあげる”つもりでいたけど、実は自分に大きな影響を与えてもらっていたり。人間関係ってものは、実際一方通行なんてありえなくて、常に相互に向かうものだからね。チャーリーの過酷な苦しみに潰れた心情を理解しようとしつつも、決して彼を独りにしなかったアランにめちゃくちゃ好意だわ(*´ω`*)
 
スポンサーサイト
01/24 23:58 | MOOOVIES | CM:0 | TB:4
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/562-3daaa2df
* トラックバック *
再会の街で
 『話すことで、癒やされていく傷がある。』  コチラの「再会の街で」は、12/22に公開されたハートフルなヒューマン・ドラマなのですが、新年早々観て来ちゃいました♪一昨年の「ポビーとディンガン」、昨年の「リトル・ミス・サンシャイン」に続いて、今年も満点スタ
再会の街で
 「ともだちさがし」が今一番のテーマになっている私にとっては、とても興味深い映画
映画「再会の街で」
原題:Reign Over Me 何度も出てくる"ワンダと巨像"はプレステ2のゲーム、どこか懐かしげな"鍋焼きうどん"ののぼり旗も登場・・・心を閉ざし重く憂鬱な人生、過去からの再生・・・ 歯科医のアラン・ジョンソン(ドン・チードル)が、ある日街で見かけた
『再会の街で』\'07・米
あらすじキャリアと愛する家族に恵まれ、誰もがうらやむ順風満帆な人生を送るニューヨークの歯科医アラン(ドン・チードル)。ある日、彼は大学時代のルームメート、チャーリー(アダム・サンドラー)を街で見かける。元歯科医のチャーリーは、今や世捨て人のような生活を...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。