スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ドッグ・バイト・ドッグ
★★★☆☆byおたむ
 
因果応報を突き詰めるとこうなるのか(・ω・;)
そして誰もいなくなった(・ω・;)
 
dogbitedog.jpg

原題☆DOG BITE DOG/狗咬狗
製作☆2006年☆香港
監督☆ソイ・チェン
出演☆エディソン・チャン『インファナル・アフェア』☆サム・リー『夜の上海』☆ペイ・ペイ☆ラム・シュー☆チョン・シウファイ
 
物語☆ある殺人事件を追っていたワイ刑事(サム・リー)は、屋台街に潜り込んだ犯人に同僚を殺されてしまう。犯人パン(エディソン・チャン)について調べたワイは、彼がカンボジアで幼少から闘犬同然に育てられた殺し屋であることを知る。一方、故郷の光景を思わせるゴミ山に逃げ込んだパンは、偶然助けた少女と心を通わせてゆく。
 
『インファナル・アフェア』とか香港のハードボイルドちっくなのって好きだわぁ。使命や運命や大きな荷物を背負い込んだ者達が、男臭さを放ちながらも、それぞれに苦しいほど純粋な面を持っており高潔さすら漂うような。
 
本作も同様、刑事vs犯人が善人vs悪人と言う単純な位置づけにはならない。たまたま戦わざるを得ない環境に身を置く者達の悲しい運命が、これでもかぁああって痛烈に描かれる。
殺人犯パンが、彼を追う刑事達から、彼の妻となる少女を奪取するために戦うシーンは圧巻。
執拗にパンを追い詰めるワイ刑事の上司は、それまで常に冷静さを失わず、部下に対して「刑事の誇りを忘れるな」と度を過ぎた行為を注意してきた。だが、パンに次々と仲間を殺されて行く中、上司の中で感情を抑える箍が外れる瞬間がはっきりと見て取れる。その後、パンを誘き寄せる為に、人質である少女を痛めつけ始めるのだ。悲しみと怒りの限界点を超える瞬間の人間てきっとこうなんだろうな。この短いシーンで、この上司の変化もそうだし、パンやワイの爆発しそうな感情が何も語らせずに見事に描かれていて、もーーーゾワゾワ来る!!かなりの迫力!!圧倒!!
 
全編描かれる暴力シーンは容赦なく(・ω・;)えげつない位なんだけど、残忍なインパクトより、その裏側にある男達の悲哀や辛苦やそういうものが分かるから、自然に納得して観てしまうんだよね。
 
で、ここで終わりかと思ったら、全然まだまだ続きがありまして。
舞台がカンボジアへ移ってからのこの第二部はどぉなんだろ。んー微妙(・ω・;)おたむ的にはこの先いらないんぢゃない?ってくらいなんだけど(・ω・;)
パンは指名手配されたことで育ての父親から縁を切られ、だがそれが彼を危険な世界から遠ざける事となり、中国から連れてきた少女と二人慎ましく暮らしていた。パンにやっと訪れた小さな幸せの時。そこへワイが仲間を殺された復讐の為パンを殺しにやって来る。
最後は皆死んじゃう・・・(・ω・;)暴力と悲しみで繋がれた鎖の先に幸福は存在しないと言う事か?あの赤ちゃんどーなっちゃうのかしら(・ω・;)??
 
ところで、こういう男臭いハードボイルドな映画って凄く面白く鑑賞出来るのに、本で読むとキザ過ぎて全然のめり込めないのは何でだろ(・ω・;)?すっごい不思議なんだけど。帯とかに絶賛コメントとか出てても、だいたいNGなんだよね。(あ、藤原伊織氏は例外だ。)おたむ特有の症状なのかしら?謎。
 
スポンサーサイト
02/05 23:33 | MOOOVIES | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/583-ca135584
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。