スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
歌謡曲だよ、人生は
★☆☆☆☆byおたむ
 
蛭子能収ワールドの洗礼を受けてしまった・・・(・ω・;)
 
歌謡曲

製作☆2007年☆日本
監督☆磯村一路☆七字幸久☆タナカ・T☆片岡英子☆三原光尋☆水谷俊之☆蛭子能収☆宮島竜治☆矢口史靖☆おさだたつや☆山口晃二
出演☆武田真治☆久保麻衣子☆インリン・オブ・ジョイトイ☆矢沢心☆希和☆長井秀和(蛭子さんの部の人たち)
 
物語☆昭和を代表する歌謡曲をモチーフに、11人の個性豊かな監督たちが大胆な発想で撮りあげた短編オムニバス。『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督と妻夫木聡が久々にタッグを組んだ『逢いたくて逢いたくて』、漫画家としても活躍する蛭子能収が武田真治を主演に迎えた『いとしのマックス/マックス・ア・ゴーゴー』など、ユニークな12作品が勢ぞろい。昭和テイストあふれる曲とストーリーが見事に融合したアンサンブルを楽しめる。

何だかねー(´・ω・`)ビミョーだねー(´・ω・`)
オムニバスだからって、あまりにも接点無さ過ぎ、統一感が全くないのはどーなんだろ。違う監督なんだからカラーが違って当たり前だけど、共通点である「昭和の歌謡曲」に絡める必然性が全く理解出来ないストーリーもあったりで、受け止め方に戸惑う(・ω・;)てか、個性ってゆぅより作品の質なのか?出来が良いのと悪いのと、凄い差を感じたわ(・ω・;)
 
おたむ的には蛭子能収監督の『いとしのマックス/マックス・ア・ゴーゴー』が妙に気になって。
お話は、“地味で目立たない沢口良子は、いつも会社でいじめられている。そんな良子を見守ることしかできない一郎・・・”という感じなのだが、最後一郎が皆をボコボコ殴って血だらけ(・ω・;)殴って殴られて、そして血だらけ一郎&良子が踊る、って(・ω・;)
max1.jpg max2.jpg
そしてヒロインが!!微妙に可愛いんだか可愛くないんだかってこのコ(・ω・;)
max5.jpg
ヒロインを苛めるインリンと矢沢心は迫真だったわぁー超陰険で(・ω・;)
max3.jpg max4.jpg
蛭子さんの漫画読んだことないんだけど、あーこういう感じなんだろなって。しかしながら、これだけ独自の世界を展開できるって凄い。かなりインパクトあったもん。漫画家だから構図とかイイのもあるのかも。
 
『女のみち』ではご本人登場!の宮史郎(・ω・;)こんな貧弱なヤクザいないだろ(・ω・;)ワロタ(・ω・;)
onna1.jpg

と言うわけで、残念ながら、“ちょっと意表を突いてみたPV”って感じの本作。PVだと思って鑑賞したら、混乱せず楽しめるかも(・ω・;)
 
スポンサーサイト
02/06 00:19 | MOOOVIES | CM:0 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/584-118336f5
* トラックバック *
歌謡曲だよ、人生は
コレはァレだ。 カラオケの歌詞モニター画面のミニドラマ(違) 歌謡曲だよ、人生はposted with amazlet on 07.12.24ポニーキャニオン (2007/12/05)売り上...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。