スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ヒマラヤ杉に降る雪
★★★☆☆byおたむ
 
鈴木杏ちゃん可愛い過ぎww
 
SNOW FALLING ON CEDARS

原題☆SNOW FALLING ON CEDARS
製作☆1999年☆アメリカ
監督☆スコット・ヒックス
出演☆イーサン・ホーク☆工藤夕貴☆リーヴ・カーニー☆鈴木杏☆リック・ユーン☆マックス・フォン・シドー☆ジェームズ・レブホーン☆ジェームズ・クロムウェル☆エリック・タール☆サム・シェパード
 
物語☆「シャイン」のスコット・ヒックス監督が、戦争と人種偏見に焦点を当てた人間ドラマ。1954年、ワシントン州サン・ピエドロ島。漁師のカール・ハインが水死体で発見され、状況証拠から日系ニ世のカズオ・ミヤモトが逮捕される。カズオの妻ハツエには成す術もなく、やがて裁判が始まるが、事件を追う地元新聞の記者イシュマエルはある真実にたどり着く……。
 
法廷劇だったのか。いいじゃん。タイトルからは予想出来ないほど、ロマンスばかりじゃないシリアスな物語で意外に良かった。

第二次大戦中に在米日本人の強制収容が行われた事実を、恥ずかしながら初めて知った。二世、三世のアメリカ国籍を持つ人達までが対象となったなんて、戦争が生む悲劇って、何時の時代も何処の世界でも際限なく存在するものなんだね。
 
過去の失恋から立ち直れず、戦争によって片腕を失い、屈折した人生を送る新聞記者のイシュマエル。恋人だったハツエの夫の裁判にのめり込む内に、夫に有利な証拠を掴むが、人の妻となったハツエへの想いや、対日本との戦いで被った身体的精神的苦痛や、彼にとって大き過ぎる亡き父親のプレッシャーなどから、その証拠を報告出来ずにいた。彼の内なる、暗くて重い影と人間としての純粋な良心との間で揺れる心の機微が、繊細に描かれていて見応えアリ。寒くて厳しくて美しく降り積もる雪の光景が、静かに進行する物語を見事に盛り上げている。
 
誤認逮捕されたカズオ・ミヤモトの弁護士を演じるマックス・フォン・シドー。
snow1.jpg
その圧倒的な存在感と共に核心的なセリフが印象深い。てか、この映画が主張したい事は、彼が全て語っているのでは。人種によってではなく罪によって裁く事を諭し、「誰でも人間の良心と品位が裁かれるのだ」と、人生を達観した仙人のようなお言葉。
更にイシュマエル向けての言葉「自分を執念から解き放つ事は難しい。それが偏見や憎しみや愛であっても」うーーーこれは深い。かなり深い。

しっかし、工藤夕貴はどーなの(・ω・;)???おたむ的には全力でNGよ(・ω・;)(・ω・;)イーサン・ホークが惚れるわけないぢゃん(・ω・;)法廷での赤い口紅も浮き過ぎ不自然だし。見た目も演技も、彼女が選ばれた理由が全く理解出来ず(・ω・;)(・ω・;)
snow2.jpg
 
それに対して少女時代のハツエ役鈴木杏ちゃんはブラボー(≧ω≦)可愛い(≧ω≦)少女特有の繊細で儚げな美しさが爆発しておる~
snow3.jpg
スポンサーサイト
02/17 23:06 | MOOOVIES | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/594-8ee4b227
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。