スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ジェシー・ジェームズの暗殺
★★☆☆☆byおたむ
 
お前は伝説のアウトローになりたいのか、それとも俺自身になりたいのか。
 
JESSEJAMES.jpg

原題☆THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD
製作☆2007年☆アメリカ
監督☆アンドリュー・ドミニク
出演☆ブラッド・ピット☆ケイシー・アフレック ☆サム・シェパード☆メアリー=ルイーズ・パーカー☆ジェレミー・レナー☆ポール・シュナイダー☆ズーイー・デシャネル☆サム・ロックウェル☆ギャレット・ディラハント☆アリソン・エリオット☆マイケル・パークス☆テッド・レヴィン☆カイリン・シー☆マイケル・コープマン
 
物語☆悪名高きアウトローとして数々の犯罪に手を染め、法をあざけり、自分自身のルールで生きてきたジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)。理想に燃える野心家の若者ロバート・フォード(ケイシー・アフレック)は、そんなジェシーの仲間になれたことを心から喜んでいたが、思わぬ事態が彼らを待ち受ける。
 
歴史に名を残すほどの悪党ながら、その凄まじい犯行の手口と決して拿捕されることない敏捷さから、社会的にはヒーロー視されることもあった実在の人物ジェシー・ジェームズ。他人から見て英雄だろうと、一人間な彼には、悩む事もあったし不安もあった。特別ではない一個人としての彼がよく描かれていると思う。
 
しかし。アメリカの歴史上有名な個人であるのは事実なのでしょうが、彼のことをまるで知らないオレは、“この事実を知っている上で”展開する物語に付いて行けないのよ(・ω・;)歴史的ヒーロー(悪い奴だけど)をその武勇伝ではなく、人間的に描く視点が本作の魅力だとするならば、歴史的事実を把握していないと楽しめないわけで。しかも、実在の人物を描く以上事実をなぞる作業は必須事項で、そうなると説明的描写を見せられつつ(それはある種退屈なもの)、その真髄を充分に楽しめていない(基となる事実を知らないから)、と言うとんでもない悪循環に陥ってしまウ(・ω・;)(・ω・;)
 
ピンで捉えたアップのショットがこれでもかッ位に永遠と続くこの映像は、意図してのものだと思うし、その人物の表情から猜疑と欺瞞の応酬がありありと伝わってくるのだが、でもねー飽きちゃう(・ω・;)この人物のピンアップの連続は、どうも平面的な感じが否めない。要所に織り込まれるならまだしも、ずーっと続くんだもん(・ω・;)説明的な物語の進行と、悪い意味で相まって盛り上がりの無い平坦な印象を強くしているような。
そして、ご丁寧すぎるナレーションも甚だ迷惑(・ω・;)痒いところに手が届くどころか、痒くないところまでも掻いてしまうナレーション、いい加減鬱陶しい(・ω・;)(・ω・;)
 
ジェシー・ジェームズが殺される事を予期しつつそれを望んだのは、過激な人生に疲れたからなのか。彼が自分を殺す相手にロバート・フォードを選んだのは、何となく理解出来るかも。無邪気故本音を上手く隠せない彼、自分を純粋に崇拝する彼、人生の幕引きには遠いような近いような存在の彼が適任だったのかもしれない。

ジェシー・ジェームズの人物と成りに触れたナレーションが入るシーンで、ぼやけた映像が織り込まれるのは、実話なのにフィクションのような印象を与えて効果的だったかも。誰もが知っているジェシー・ジェームズだがその実像は誰も知らない、そんな感じ。
 
ジェシー・ジェームズに憧れるロバート・フォードは、その過剰に膨らむ感情のはけ口をどこに求めて良いのか分からなくなり、最終的にはジェシー・ジェームズを暗殺してしまう。憧憬が狂気へと変わり、英雄にはなれなかった凡人の姿は、悲しいほどに人間の性を映し出しているよう。
JESSEJAMES1.jpg
演じるケイシー・アフレックは良かったな。だって、ウザイもん、イライラするもん、キモイもん、それって上手いってことでしょ(・ω・;)
 
対するジェシー・ジェームズのブラッド・ピット。
JESSEJAMES2.jpg
社交的で温和そうな外見と裏腹に残忍な悪党、という役柄にピッタリ。




スポンサーサイト
03/02 21:55 | MOOOVIES | CM:0 | TB:5
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/624-528806d0
* トラックバック *
ジェシー・ジェームズの暗殺
 『あこがれて こがれて、心がつぶれた。』  コチラの「ジェシー・ジェームズの暗殺」は、1/12公開となったPG-12指定の\"アメリカで最も愛された無法者を、背中から撃った卑怯者の物語\"なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  25件以上の強盗と17件もの殺人を
映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観て
16.ジェシー・ジェームズの暗殺■原題:TheAssassinationOfJesseJamesByTheCowardRobertFord■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:160分■日本語字幕:岡田壮平■鑑賞日:2月9日、バウスシアター(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚...
「ジェシー・ジェームズの暗殺」
南北戦争後、仲間を率いて強盗や殺人など無法の限りを尽くしたジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット)。 南部州民からは抵抗の象徴として次第に英雄視されていく。そして、最初の強盗から15年あまりが 過ぎた1881年、長い逃亡生活で神経をすり減らすジェシーだったが、...
『ジェシー・ジェームズの暗殺』\'07・米
あらすじ南北戦争にゲリラとして参加し、その後は犯罪集団となったジェシーとその兄フランクが率いるジェームズ一味。彼らが新たに企てた列車強盗計画に、ひとりの若者ロバートが加わった。彼は新聞や本でジェシー一味の活躍を知りジェシーに心酔していたのだ。列車強盗を...
『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観たぞ~!
『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観ました19世紀のアメリカに名をとどろかせた犯罪者ジェシー・ジェームズと、彼を暗殺した手下、ロバート・フォードの人物像に迫るサスペンス・ドラマです>>『ジェシー・ジェームズの暗殺』関連原題: THEASSASSINATIONOFJESSEJAMESBYTH...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。