スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
★☆☆☆☆byおたむ
 
彼みたいな感じなのかしら。。。
 
chary0805261.jpg

原題☆CHARLIE WILSON'S WAR
制作☆2007年☆アメリカ
監督☆マイク・ニコルズ『エンジェルス・イン・アメリカ』『クローサー』
出演☆ トム・ハンクス☆ジュリア・ロバーツ☆フィリップ・シーモア・ホフマン☆エイミー・アダムス
 
物語☆酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸してしまう。
 
いきなり映画と全く関係ない話で何なのだが・・・
とある占いで、衝撃的な結果に出くわしまして。
『あなたの運命の人は、きまじめなあなたを解放してくれる男性です。一言で言えば、プレイボーイタイプです。遊び人で女好きだけど、そのことに文句を言えないくらい自分を磨いて生きている人です。その努力の成果を生かしながら、人生を楽しんでいるようなメリハリを持った男性が、あなたの運命の人なのです。マジメさでも遊びでも勝負できる、洗練された男性と一緒にいることで、「人生って、こんな風に楽しめばいいんだ」と思えるのです。』
性格分析などが当たっているだけに、このチャラ男が運命のヒトだと言うお導きにはかなりガッカリしたわけで。
 
それでね、本作のモデルとなった実在の人物チャーリー・ウィルソン氏が・・・
ん?チャーリーさんて、アタチの運命のヒトぽくない?
て言うか、運命のチャラ男を具現化して映像化するとこぉなる、っぽい。
朝からお酒飲んでるし、女好きで秘書は全員スタイル満点な女子しかいないし、議員のくせに世間体よりも個人的快楽を優先して遊びまくりだし!!!なのだが、彼は世界情勢を常に把握していて、中東の複雑な国の位置関係やその近隣諸国との政情的関係にも恐ろしいくらい精通しているの。もちろん彼の能力は降って湧いたものなんかではなく、ちゃんと努力に裏づけされたそれであり、頭キレるし仕事は抜群に出来るんだよねぇー。
こんなヒトねぇ。ふーん。ちと、ヤヴァイかも(*'ω'*)
ハンサムとは言い難いトム・ハンクスが演じていても、やっぱり仕事が出来る男像ってのは素敵よねぇ。でもねぇ。そうそういないだろ、こんなヒト。
 
さて、下院議員であるチャーリーが生んだ戦争は、一個人が起こしたとは到底思えない大規模なものへと発展してしまうのだが、これが実話だって言うのだから驚きである。彼の企ては、彼の素晴らしい先見の明によるものなのか、ふとした思い付きからか、それとも悲惨な現状を視察して芽生えた正義心からなのか。チャーリー氏の魔法のような軌跡には驚きを感じるけれども。。。
 
戦争映画としては、おたむ的には最低ランクだな、これ(・ω・;)
表立って先導する訳にはいかないので、こっそりアフガニスタンに武器を送り込み、現地人に武装化訓練まで施し、対ソ連の戦争を裏側で操るアメリカ。チャーリー始めCIAの関係者達は、ソ連の戦闘機を落としたとの報告を受け、喜びに湧く。戦闘機が爆発する映像が流れ、『○年-○機打ち落とす』のテロップが入るスクリーン。
最悪である。現地では毎日破壊が繰り返され人命が失われているというのに、まるでゲームに勝ったように浮かれるアメリカ関係者オフィスの様子は、見ていて決して心地の良いものではない。大義名分の下結局はエゴしかない、彼らの浅ましさがゾッとするほど醜く思えて。
ん??それが狙いなの?人間の愚かさを実話から描く的な??だとしたら成功、なのか(・ω・;) ??
最後の、アフガン再建のため学校設立を申し出たチャーリーの議案が却下されたエピソードも、イスラム原理主義者を教育出来なかったことが現在に繋がる、的な、9.11を思い起こさせるようなブラックな要素が、否定目線なのか肯定目線なのか問題提起なのか、どーなんだろ。
ソ連を打ち負かしてウキウキなチャーリーに対して、フィリップ・シーモア・ホフマン演じるCIAの曲者ガストが喝を入れるシーンでの、“塞翁之馬”エピソードはナイス!だったな。やっぱ一見英雄伝的に描きつつ、戦争の無意味さを主張したかったのでしょーか。
 
MY運命のヒト像なチャーリー氏トム・ハンクス。
chary0805262.jpg
トム・ハンクスと遊び人て絶対結びつかないんだけど(・ω・;)
敢えて、いかにもーなセクシー俳優を起用しなかったのが逆に良かったのかも。
 
ジュリア・ロバーツがががが!
cyary0805263.jpg
顔ヤバイ(・ω・;)怖い(・ω・;)ケバ過ぎるお化粧が敗因か(・ω・;)?
 
このヒト凄いねぇーカメレオン健在。
chary4.jpg
の、フィリップ・シーモア・ホフマン氏。胡散臭さが炸裂で凄い存在感だ・・・。一見とんでもない変わり者ぽいけど、実は一番マトモに映った彼の存在は大きい。
そんな訳で、彼演じるガストと、運命のヒトを垣間見られたことを考慮しても★1コだな。
 
問題の占いは更にこう続く。
『自分が生まれた場所で暮らしている人は早く結婚しますが、それ以外で暮らしている人は晩婚になるでしょう。とくに東京に住んでいる人は、出会いの機会に恵まれない可能性が高いです。』
・・・・凄いピンポイントで、どうも(・ω・;)
出会いに恵まれず、チャラ男待ちって、どんだけ悲惨なんだよ、アタチ(・ω・;)(・ω・;)
スポンサーサイト
05/28 22:07 | MOOOVIES | CM:0 | TB:9
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/671-51e9634e
* トラックバック *
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメディ
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー’07:米 ◆原題:Charlie Wilson\'s War◆監督: マイク・ニコルズ「クローサー」「パーフェクト・カップル」◆出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス ◆STORY◆下院議員チ
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
□作品オフィシャルサイト 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」□監督 マイク・ニコルズ □原作 ジョージ・クライル □脚本 アーロン・ソーキン □キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビ
【2008-120】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
人気ブログランキングの順位は? 信じられない物語 でも真実 たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』\'07・米
あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...
mini review 08331「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」★★★★☆☆☆☆☆☆
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』のマイク・ニコルズがメガホンを取り、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまう破天荒な男の姿を...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく 愛するお気楽議員。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン (ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観たぞ~!
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観ました1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマです>>『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』関連原題: CHARLIEWIL...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。