スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イントゥ・ザ・ワイルド
★★★★☆byおたむ
 
ショーン・ペンぽさをひしひしと感じつつ。
 
intotheworld0809111.jpg

原題☆INTO THE WILD
制作☆2007年☆アメリカ
監督☆ショーン・ペン
出演☆エミール・ハーシュ☆マーシャ・ゲイ・ハーデン☆ウィリアム・ハート☆ジェナ・マローン☆キャサリン・キーナー☆ヴィンス・ヴォーン☆クリステン・スチュワート☆ハル・ホルブルック
 
物語☆大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れるための放浪の旅に出る。労働とヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。アラスカ山脈の人気のない荒野へと分け入り、捨てられたバスの車体を拠点にそこでの生活をはじめる。
 
旅立ちの準備をするクリスは、貯金の全額を寄付しクレジットカードを鋏で切り裂き、更には紙幣を燃やしてみたり(・ω・;)このお金への過剰な嫌悪感にも表れているが、彼が父親への反抗心から旅に出たことは明白だ。家族の下を離れて時間と距離を隔ててもなお記憶の中の父に苦しめられている姿からも、彼の中にあるトラウマの根の深さを窺い知ることが出来る。親に対する反発から一人旅へ、なんて言うと、世間を知らない甘ったれたボンボンが親への腹いせのため勢いだけで旅に出た風に聞こえるが、そう言い切ってしまうには、彼はあまりにも忍耐強過ぎる。親との確執という動機だけで、2年もの間、完全に社会から切り離された過酷な環境下で、自給自足の孤独な生活を送り続けることが出来るだろうか?
確かに出発点は親子間の問題だったとしても、クリスの中には自然へとかき立てられる別の何かがあったはず。ありがちな若者の身勝手な蒸発とは別物。親から逃れたいだけならば、何も厳しい北の自然へと向かう必要はないわけで。
 
鹿の群れと遭遇した時や、アラスカの荒野に辿りついた時、大自然の中でクリスが見せる笑顔は素敵過ぎだ(*'ω'*)心が洗われるほどの無垢さで(*'ω'*)思わずキュン(*'ω'*)
アラスカはもちろんその道中でも、アメリカ大陸らしいスケールの大きな自然が度々スクリーンに現れる。イルカを捉えた映像など『アース』を思い起こすほど美しい!!またその自然の美しさがクリスの純粋さと被るよう。
 
何も無い荒野で長い時間が過ぎて、クリスは何かに気づいたような一瞬を迎えて下山することを決心するが、川の水位が大幅に上がっており足止めを余儀なくされる。彼はそのまま帰路へ着くことなく短い生涯を終えてしまうことになるのだが、大自然こそが彼に生命の美しさや素晴らしさを示したはずなのに、今度は逆にその厳しさゆえ彼の生命を奪うことになってしまうのは何とも悲しい皮肉。そしてリアルな摂理だ。

道中偶然に知り合った人達とクリスの関わり方も興味深かった。人と関わるって正にこういう事なんだなーって。

エミール・ハーシュがッ!!ヤバイ良いの~
wild0809112.jpg
若者特有のセンチメンタルでナイーブな感性が爆発しそうな勢いで好演(*'ω'*)
ラスト衰弱して行くシーンでは、ヤッバイげっそりで迫力(◎ω◎;)18キロ減量だってww正に鬼気迫る感じよww
 
ヒロイン?のクリステン・スチュワートもイイ感じ~
wild0809113.jpg
10代とは思えない色気(・ω・;)少女と女性の中間な魅力が満開◎
 
今後の活躍が楽しみな二人だわ(*'ω'*)
スポンサーサイト
09/12 00:56 | MOOOVIES | CM:4 | TB:7
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/753-3b136a89
* トラックバック *
「イントゥ・ザ・ワイルド」
「イントゥ・ザ・ワイルド」、観ました。 俳優ショー・ペンが監督した実話が元の映画。青年が己の魂と折り合いを付けるためにアメリカ中...
映画「イントゥ・ザ・ワイルド」
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい~衝撃の実話の映画化~ 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて
イントゥ・ザ・ワイルド
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンドレ...
『イントゥ・ザ・ワイルド』
ショーン・ペン監督最新作で、エミール・ハーシュ主演の『イントゥ・ザ・ワイルド』のeiga.comさん主催の試写会に行ってきました。 ロケーションの美しさと放浪を続ける主人公の姿を静かに追った映像が、とても印象に残る作品になっていると思います。 **************...
イントゥ・ザ・ワイルド
イントゥ・ザ・ワイルド’07:米 ◆原題:INTO THE WILD◆監督・脚本: ショーン・ペン「プレッジ」「クロッシング・ガード」◆出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー?、ウィリアム・ハート?、ヴィンス・ヴォーン ◆STORY◆1990....
「イントゥ・ザ・ワイルド」
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました
Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~
「Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。