スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
スキップ
20070125094043.jpg

 
『スキップ』by北村 薫
 
昭和40年代の初め。わたし一ノ瀬真理子は17歳、千葉の海近くの女子高二年。それは九月、大雨で運動会の後半が中止になった夕方、わたしは家の八畳間で一人、レコードをかけ目を閉じた。目覚めたのは桜木真理子42歳。夫と17歳の娘がいる高校の国語教師。わたしは一体どうなってしまったのか。独りぼっちだ―でも、わたしは進む。心が体を歩ませる。顔をあげ、『わたし』を生きていく。
★★☆☆☆byおたむ
 
設定はアリガチ。。。
女子高生がある日突然未来にワープして、25年後の自分の体に入っちゃってる。
驚き戸惑いつつも未来の‘今’の中で奮闘して行くお話。
 
この人直木賞候補の常連らしい。
今回の『ひとかた流し』も残念でしたねぇ(>ω<)受賞者なしだなんて。
この『スキップ』で初めて候補となり、最初は覆面作家で、ペンネームや女性主人公の一人称の作品から、女性作家ではないのかと思われていたらしい。
 
女性ぽいと言えばそうだなぁ。設定とか。セリフとか。
女性を装ってる感も、無くもないケド。
てか・・・
川上弘美アタック☆続いてたから。
文章のキラキラ度が低くて物足りなく感じたのもある。
 
前半は正直だるかった・・・(・ω・;)
後半はまぁまぁ入って行けたかな。
さわやかな奮闘。
結末は普通。さわやかな普通の結末。
17歳の主人公の時代を知っている人なら、もっと楽しめただろうな。
おたむオバチャンだって言っても、布施明がアイドルな時代は分からないから(・ω・;)
 
ファンタジー系?
誰かと体と心が入れ替わったりとか、タイムワープしたりとかって、基本的にあんまり好きじゃない(・ω・;)
完全にのめり込むのが難しいから(・ω・;)
んーーー、でも浅田次郎の『鉄道員』入ってる短編集は良かったなぁ。
もろファンタジーだけど。まんまとジィ~ンとしてしまったし。
んーーー、あと東野圭吾の『秘密』はコレと似てるかも。設定が。
悪くはなかったけど、おたむ的東野圭吾ランキングでは下の方かな。。。
ファンタジー苦手とか言いつつ・・・
結構読んでるな(・ω・;)そして案外気に入ってる(・ω・;)(・ω・;)
まぁ元々超乱読派だし。ジャンルって何だい?
面白ければいいじゃん(^ω^)ってことで。

スポンサーサイト
01/25 22:34 | BOOOKS! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/82-fdb94ed1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。