スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アキレスと亀
★★☆☆☆byおたむ
 
「これ真似じゃん。しかもヘタじゃん」(^ω^;)(^ω^;)
 
akiresu08102301.jpg
 
製作☆2008年☆日本
監督☆北野武
出演☆ビートたけし☆樋口可南子☆柳憂怜☆麻生久美子☆中尾彬☆伊武雅刀☆大杉漣☆筒井真理子☆吉岡澪皇☆円城寺あや☆徳永えり☆大森南朋
 
物語☆絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。そんなある日、父親(中尾彬)の会社が突然倒産して両親が立て続けに自殺を図ってしまい、真知寿の人生は暗転する。
 
海外での高評価に対して日本では今一ウケが良くない北野作品だが、本作もそんな匂いが漂っている(・ω・;)分かりやすいメッセージは見当たらず、平坦なストーリー展開の末、明確な結末も用意されていない。作品として好きか嫌いかと問われれば、好きじゃない方に入るかな。でも個性的であることは確か。監督としての北野武って、好きじゃないけど、ちょっと気になる、そんな感じの映画を作る人だな。
 
冒頭『アキレスと亀』のパラドックスの説明がアニメーションで流れる。続いて本編で描かれるのは、少年時代に絵がちょっと上手だった為、画家の才能があると勘違いしてしまったある男の半生。彼(真知寿)は、自分の勘違いに気づかずその道を爆進してしまう。時間もお金も絵に費やしてしまうので、他には何もない。奇跡的に結婚に至るのだが、真知寿に振り回される妻・幸子もまたどん底の生活を送る。
この奥さんがねぇ、どうしてこんな生活力ゼロで明らかに絵の才能もないであろうと思われる人物に長年連れ添っているのか、疑問だったけど・・・そう言えば、結婚前の幸子のセリフに印象的な一言があったな。真知寿の絵のモデルをしたウエイトレスが、その絵の仕上がりに不服そうにしていて、彼女に向かって幸子は「今度私もモデルしてみようかな。私だったら彼の絵を理解出来ると思うの」って言うわけ。この一言が全てかも。結局幸子も勘違いしてるのね(^ω^;)
勘違い夫婦が芸術を追求していく姿は、時に常軌を逸しており、笑えないくらい寒々しいシーンも。

公開前に色んなメディアで監督のインタビューを目にすることが度々あって、その中で「才能の有無に関係なく、好きなことを出来るだけで幸せなんだ」って語ってたのね。ところが、本作の真知寿を見て、好きなことに没頭出来るって素敵なことだわ、なんてとても思えない(・ω・;)(・ω・;)彼も、彼の周りもとことん不幸で(実際彼の周囲には、父親に始まり死亡者が続出)、芸術を追求する姿でさえ薄っぺらな物悲しさが付き纏う(・ω・;)
しかしながら。コレ実にリアルだわ。恐ろしいくらいリアルだわ。
“天才”と呼ばれた偉人達の生涯を映画化した作品は多々あり、その中で描かれる“天才”達は、大概、苦境にあっても取り憑かれたかのように一つの事に没頭している。その集中力と根気は、神々しいほどの迫力で観る者に迫ってくる。
のだが、それは“天才”であるが故で、もし才能のない者が同じ一本道を辿ったらどうなるんだろう?・・・真知寿じゃん。
“才能のない芸術家”を描こうとした、その視点が既に脱帽だけど、天才に憧れた凡人の不幸な顛末を描きつつ、「好きなことを継続出来ることが既に幸せ」と言い切ってしまう監督ってやっぱタダモノじゃないわね!ブラボーである。

キャストでは、子役が“感じ悪い嫌な子供”を好演。子供らしい可愛らしさよりも、小憎たらしさが勝ってる感じが、正に真知寿な感じ(^ω^;)グッジョブ(^ω^;)b
そして、青年期の真知寿を演じる柳憂怜が、これまた嫌な感じでイイの(^ω^;)あの子供が成長したらこんなだな、ってピンポイントでビンゴwwグッジョブ(^ω^;)b 
中年真知寿は監督自身が演じているのだが、どうもコント色が強過ぎて(・ω・;)芸術作品に没頭するあまり周りが見えなくなっている主人公の滑稽さを表現してるのだと思うんだけど・・・おたむ的にはコント鑑賞目線で(^ω^;)このヒト何かやってくれるに違いない!的な期待が無意識のうちに働いてしまうのかしら(^ω^;)なので、物語上そこだけ妙に浮いてる感じで。
樋口可南子はどうなんだろうねぇ・・・んーオレ的には微妙(・ω・;)

最後、二人が腕を組んで歩く後姿が続き、真知寿が缶を蹴った後、今度は幸子がその缶が蹴るシーンが好き。理屈じゃなくて勘違いでもなくて二人がとても嬉しそうなのが、後姿から伝わってくるの。
そして、「こうしてアキレスは亀に追いついた」とナレーションが入り物語は終了する。
そもそもこのパラドックスは数学論上の概念であって現実じゃないもんね。どう考えても追いつけるでしょ(^ω^;)勘違いの世界から現実に戻って、まだ二人でいられる夫婦っていいじゃーん。
スポンサーサイト
11/06 23:56 | MOOOVIES | CM:0 | TB:3
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/876-0f3d8e01
* トラックバック *
アキレスと亀
 『スキ、だけど。 スキ、だから。』  コチラの「アキレスと亀」は、北野武監督の14作目となる9/20公開の最新作で、”夢を追いかける夫婦の物語。”なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪思わず笑っちゃうような北野監督らしいブラック・ユーモアに溢れ、静かに流...
アキレスと亀
野獣派マティスを連想するよりも... アキレスと亀 [DVD]posted with amazlet at 09.04.05バンダイビジュアル (2009-02-20)売り上げランキング: 4433おすすめ度...
『アキレスと亀』'08・日
あらすじ絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は自宅を訪れた画家に自分が描いた絵を褒められて赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くようになる。そんなある日、父親(中尾彬)の会社が突然倒産して両親が立て...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。