スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
巨匠ピカソ愛と創造の軌跡
0815001.jpg 081115_134720.jpg
 
ランチを食べた後、国立新美術館のピカソ展へ。 
んー、難解(^ω^;)(^ω^;)
 
「習作」と題名のついた作品は、塗り残した部分が残っているなど、未完成と思われるものが多く、キャンバスをこういう風に使えるのって財力があったからだろうなぁーって、変な所で感心してしまい。
ゴッホみたいに生前に評価を得られなかった画家は、キャンバスを買うお金がなくて、完成した絵を白い絵の具で塗りつぶして、その上からまた違う絵を描いたりしてたから、それを思うと何だかねぇ・・・『アキレスと亀』じゃないけど、芸術って何なのだろーって思うね。
 
そんなことを思いついたからなのか、ピカソの作品には、芸術だけに集中出来る恵まれた環境下に置かれた者にしか表現出来ないであろう、洗練さと言うか、迷いのなさと言うか、そういうのを感じたな。
 
彼の作品と言えば、シュルレアリスム時代のヘンテコに変形した絵画が有名だけど、好きか嫌いか、理解出来るか否かは別にして、彼の想像力はやはり超人的。まるで、私達の共通認識として既にある固定概念に喧嘩売ってるような(^ω^;)また、油絵だけでなく、版画や彫刻など彼の作品は多岐に渡り数多く残されていることからも、彼はイマジネーションが泉の如く湧き出てくるような生まれながらの芸術家だったのだろう。
 
でも・・・おたむ的には、やっぱ初期の作品が好きだな。
 

081115002.jpg
今日見た中では、『女の頭部』が好き(*´ω`*)
スポンサーサイト
11/15 23:39 | SHOOOOOW! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/903-cc24cbeb
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。