スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
巨匠ピカソ魂のポートレート
081215.jpg

国立新美術館とサントリー美術館の2会場で開催中のピカソ展は、両方行くと割引になるらしい。
なので、先日行った時の半券を握り締めて、サントリー美術館へ行って来ました~♪
会社帰りに寄ったので、混雑もなくゆったり鑑賞出来たよ。

サントリー美術館て何か好きだ(*´ω`*)
照明暗めだからかなぁ?落ち着く雰囲気だし、作品も観易いような気がする。

さて。こちらの会場では自画像を中心に展示しているんだけど、ピカソが膨大な数の自画像を描いた事実がまず意外だった。そう言えば、彼の作品には『モデルと画家』を描いたものが多く、そこに描かれる画家とはもちろんピカソ自身なわけで、んー、画家として、モチーフとしての自分自身てどうなんだろ。変装してみたり、髭をつけてみたり、色々な加工を加えたものもあったり。本当に変わったヒトだな、ピカソって(・ω・;)
 
0812052.jpg
この青の時代に描かれた自画像は有名だよね。左と上の青い空間が何とも良いなぁ。やはり生で見ると迫力が違うの。これは良かった。
 
晩年へ向けて、変形した難解系の作品も沢山ありましたが、やはり・・・苦手(・ω・;)
ピカソは「ミノタウロス」と言うギリシャ神話に登場する怪物(頭が牛で体が人間)を好んで描いていて、彼はミノタウロスを自らの分身だと見立てていたとか。おたむは残念ながらミノタウロスシリーズは全ッ然良いと思えなくて(・ω・;)(・ω・;)怖いし(・ω・;)
 
そんな訳で、ピカソとの距離がますます遠のいてしまった展覧会であった(・ω・;)
スポンサーサイト
12/05 22:38 | SHOOOOOW! | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/940-422ded60
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。