スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ブロークン・イングリッシュ
★☆☆☆☆byおたむ
 
今更白馬の王子ってありえないだろ(・ω・;)

broken01090107.jpg

原題☆BROKEN ENGLISH
製作☆2007年☆アメリカ/フランス/日本
監督☆ゾエ・カサヴェテス
出演☆パーカー・ポージー☆メルヴィル・プポー☆ドレア・ド・マッテオ ☆ジャスティン・セロー☆ピーター・ボグダノヴィッチ ☆ティム・ギニー☆ジェームズ・マキャフリー☆ジョシュ・ハミルトン☆ベルナデット・ラフォン☆マイケル・ペインズ☆ジーナ・ローランズ
 
物語☆ニューヨークのホテルでVIP対応係を務める30代独身のキャリアウーマン、ノラ(パーカー・ポージー)。母親のヴィヴィアン(ジーナ・ローランズ)からは結婚のことを心配されるものの、男性と付き合えば失敗ばかり。日に日に人生の不安を膨らませていくノラは、ある日、フランス人男性のジュリアン(メルヴィル・プポー)と出会う。
 
『第二のソフィア・コッポラ―――ゾエ・カサヴェテス監督作品』とか言うコピーに釣られて観てしまったが、おたむ的には、正直、かったるいとしか言いようがない(・ω・;)(・ω・;) 
筋金入りのサラブレッド(ゾエ監督のお父様は監督&俳優であるジョン・カサヴェテス、お母様は本作にも出演しているジーナ・ローランズ)と言う点では、前述のコピーは間違いではないけれど、ソフィア・コッポラ作品のセンスやインパクトと比べると、明らかに見劣りしてしまう本作。特にストーリー展開が中途半端なんだよな。

主人公ノラが地味目で普通っぽいところは、やたらリアルで好感度大。
broken07080107.jpg
演じるパーカー・ポージーは地味で良かった(←褒め言葉)

broken02090107.jpg
監督のお母様ジーナ・ローランズは更に良かった!圧倒的な存在感!!ブラボー(*'ω'*)
 
なのだが、物語がイタダケマセン!!
後半、主人公ノラはジュリアンを追いかけてパリへ向かうのだが、何だか、「とりあえずパリ」って感じでどうも気に入らない(^ω^;)ジュリアンに「一緒にパリへ」と言われて一度は断った彼女が、仕事を辞めて勇気を出して渡仏したのは認めるけど、その勇気ってほんの始めの一歩でしょ。その小さな一歩をもって問題解決としている感が、おたむ的には激しくNGである。彼女の人間的な成長に繋がるような、彼女自身の意思がまるで伝わってこない。
しかも、彼女はジュリアンに会えないまま帰国の途につくのだが、空港へ向かうメトロで何と!偶然彼に遭遇ww(◎ω◎;)
現代に生きるリアルな女性像を描きつつ、この全く現実的でない結末はいかがなものか(^ω^;)(^ω^;)

三十路も後半に突入したシングル女ともなれば、小学校の道徳教育に学んだ礼儀やら敬愛やら深慮遠謀やら不撓不屈やらを良しとする考えは幻想であることを悟り、七転八倒しながら世の中の理不尽さを体感して今日に至る訳で、その最終手段が、白馬の王子待ちだなんて!そんなオチはありえないだろ(ФωФ|||)もう、呆れて脱力だわ(゜ω゜|||)
成り行き任せで、棚ボタ式のおとぎ話、そんなストーリーなら主人公の設定を変えるべきだ。

しかし・・・・更に驚くべきことが・・・・・・・・
映画館で両サイドに座っていた女子(見た所20代後半かな)が、泣いておる!!え゛ーーーーー!!!そうなのーーー???どの辺りがーーー!???
感涙している彼女達に対し、どうしようもない隔たりを感じて、リアルに凹んでしまったおたむである(・ω・;)
ドンマイ(^ω^;)(^ω^;)

唯一の収穫はジュリアン(*'ω'*)
broken04090107.jpg
『ぼくを葬る』のメルヴィル・プポーが短髪でカワイイの~(*'ω'*)今回はストレートな役どころだし(゜ω゜)、視線とか男らしくて素敵だったわ~(*'ω'*)

そんな訳で、★1コはメルヴィル・プポーに捧げます(*'ω'*)

スポンサーサイト
01/08 23:53 | MOOOVIES | CM:0 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/979-404f382c
* トラックバック *
ブロークン・イングリッシュ
 『もう、魔法なんて起きないと思ってた。 ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。 それは、私だけのミラクル・ロマンス。』  コチラの「ブロークン・イングリッシュ」は、故ジョン・カサヴェデス監督と女優ジーナ・ローランズの娘ゾエ・カサヴェデス監督のデビ...
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。