スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
壽新春大歌舞伎②
090112_220812.jpg

今日は夜の部~♪

☆壽曽我対面
☆春興鏡獅子
☆鰯売戀曳網
の3幕~♪♪♪
 

☆壽曽我対面
ゴーーーージャス(☆ω☆)!!!!!障子が上がった時のインパクトと言ったら!お殿様の工藤(幸四郎)以下、舞鶴(魁春)、遊女二人、家来の大名がずらぁーっと並んで壮観だよ(☆ω☆)
登場人物多いの好きだなー。その中に遊女がいると更に豪華な感じで好き。
お殿様的幸四郎素敵だった(*'ω'*)昨日見た『俊寛』よりずっと良かった~。お殿様な風格が漂って、彼がセリフを言うと舞台が締まる!!
今日は屋号が凄い飛び交ってたなー。あれって掛け声専門の人がいるのかな?タイミングと言い、コブシの回し方と言い、一般人だとは思えないのだが(´・ω・`)「ぅこおおらいやッ」(高麗屋)とか、あれがまた雰囲気盛り上げてイイのよねぇー(*´ω`*)

☆春興鏡獅子
いやっほーい(ノ≧ω≦)ノ獅子だぁー(ノ≧ω≦)ノザ☆歌舞伎って感じで上がるわー!!
それにしても、勘三郎って人は本当に多才な人だ(◎ω◎)本幕前半で演じた初々しい小姓弥生、後半の獅子、そして次の幕での魚売り猿源氏、全く違うカラーで同一人物が演じているとは思えない(・ω・;)
小姓弥生の舞はとても難しくて、踊り手は一瞬も気の抜けない振り付けなんだって。そんな緊張感を全く感じさせずに、はんなり優雅に踊っちゃうんだからねぇ。獅子のカツラも相当重いらしい。あんなにグルグル軽やかに見えるけど、日々精進の賜物なのね。ブラボーである。
そして!胡蝶の精役の二人が天使www超可愛いーの(*´ω`*)8歳ながら、長い時間しっかり踊りきる姿は一人前だったよ。やはり血筋でしょうか。

☆鰯売戀曳網
原作が三島由紀夫って!戯曲も書いてるなんて知らなかった。これが何と面白い!本作はハッピイ☆ラブ☆コメディかな。
間抜け振りがおちゃめな勘三郎と、コメディでもやっぱ美しすぎる玉三郎の掛け合いが最高ww
ストーリー的には、おバカな要素満載で、都合良すぎるけどアッと驚く結末のベタベタな喜劇なんだけど、それを歌舞伎で観ると独特の世界観が広がってイイ感じなの。おたむは、古典なザ☆歌舞伎って感じのが好きだけど、こういう気楽に見られるのもいいかも。


今日はお布団干したし、もふもふのベッド楽しみだぁー(*´ω`*)
帰りにまん丸お月様発見したし、いい夢みられそう(*´ω`*)
ではーぐっにゃい(≧ω≦)ノ
スポンサーサイト
01/12 23:11 | SHOOOOOW! | CM:3 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://autumns.blog78.fc2.com/tb.php/983-22d9ac1f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 おたむ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。